2011/10/14 金曜日

トゥーツはスーパーマン!!

Filed under: Daily — koei @ 17:23:17

ブルーノートのトゥーツ公演三日間とも通いました。三日間も通っていると、それが当り前の日常と感じてしまうから不思議なもの。トゥーツと一緒に時間を過ごしているのが普通に感じてしまう。でもこれは本当に本当に貴重な時間です。三日目が終わって帰ってから、なんだか少し寂しい気持ちになりました。。。

89歳で元気で生きていてくれる。それだけで嬉しい。最近のトゥーツの演奏をYouTubeで見たことあるけど「大丈夫か?」みたいな映像だったりしたから、正直不安もあった。でもそこにいるだけで満足だから、恐る恐るのぞき見るという気持ちも持ちながら行ってみたら。。。

メッチャ元気やん!!!!!!!
ハーモニカもバリバリやん!!!!!!
トゥーツはスーパーマン!!!!!

目頭が熱くなる前に楽しくなっちゃったもん、演奏聴いて。まだまだ現役ってことです。凄い。。。最終日に何度か力強くハグしたのですが(イェイ!)、肉付きも素晴らしく、まだまだ身体は頑丈そう(何のチェックしてるんだ(笑))。僕は1年前にタバコを止めたおかげでだいぶ太ってしまったのですが、トゥーツはもっとタップタプ(笑)おいらもまだまだだなと(笑)
人間、高齢になるとおじいちゃんだかおばあちゃんだかよくわからなく場合もありますが、トゥーツは男の中の男だ。でも挙動はおばちゃんみたいな部分が増して、さらにキュートになってました(笑)

まぁそんな話はこれくらいにしておいて、内容について。

まず真っ先に気になったのはマイク。いままでは普通のSHURE SM58を使ってましたが、何やらボリュームコントローラーが付いている。ボディーが赤いぞ!ってことはこれはBlowsMeAway Productionsのマイクだ!!(ヘッド部分はSM58です)

これはアメリカのマニアックなアンプリファイドハーモニカ関係のメーカー。ちなみにここのサイトトップページに僕の名前や、アンプコーナーではアメリカでの演奏の動画が貼ってあるんですよ!(この時アンプを借りたのです)知らないうちにアンプの広告にさせられてた(笑)でも嬉しい。ここのボリュームコントローラーは以前から僕も使ってます。

連日1時間半くらい(!)の演奏。
IN YOUR OWN SWEET WAY
THE DAYS OF WINE & ROSES
I LOVE YOU PORGY / SUMMERTIME
I DO IT FOR YOUR LOVE
SNO’ PEAS
THE DOLPHIN
FELICIA & BIANCA
ONE NOTE SAMBA
MIDNIGHT COWBOY
AUTUMN LEAVES
SOMEWHERE OVER THE RAINBOW
BLUESETTE
WHAT A WONDERFUL WORLD
BYE BYE BLACK BIRD
ST. THOMAS
以上はトリフォニーホールでの曲目(曲順)のようで基本はこの路線ですが、日によって以下のものなどと入れ替わってました。
TENOR MADNESS
WAVE
WALTZ FOR SUNNY
BLUE IN GREEN
IMAGINE
夜叉 など

AFFINITYやBRAZIL PROJECTや昔からの定番など、ある意味BEST OF TOOTSって感じのラインナップ。個人的には「SNO’ PEAS」をやってくれたことがとっても嬉しい!!!これは本当に難しい曲で、自分のライブでも以前たまにやってましたが、テーマをカッコよく吹くのもひと苦労な難曲。アドリブも、やってる本人も一瞬にしてわけがわからなくなるほどに手こずる(笑)今だったら吹けるかな〜またやってみたいと思った♪♪
「夜叉」とは1985年公開の日本の映画。高倉健さんとビートたけしさん出演の映画でトゥーツが音楽参加しているレアトラック♪(音楽は以前聴いたことがあるけど映画は観たことない…)このお二人がまた映画を作ったという時に何たる偶然なんだろう!と思ったら、なんと今回のその映画の挿入曲にトゥーツが参加したと!!!観たらそのシーンで絶対泣くだろうな(笑)

演奏の内容ですが、もちろん以前ほどにバラバラバラーーーと吹き上げるようなフレーズは少なくなったものの(それでもたまにある!)、フレージングは完全にジャズのそれ。テーマの崩しも、うなるほどに見事な曲もあった。長年にわたり吹き続けてきた凄みを感じずにはいられない。いったい頭の中はどうなってるんだ。。。
普通の人が20年やっても、今のトゥーツほどに「ジャズ」が吹けるようになるだろうか??そんなことを考えてしまった。また、以前よりも音数は減ったので、逆に「これぞトゥーツフレーズ!」という旨味部分のみでアドリブを組み立ててる感じでした。だから、トゥーツをコピーしたい人は今のトゥーツからコピーしてみると良いのでは。そんなことも思った。

「あのトーン」も健在。極上です。
以前は、おどける仕草の一つとして、吸った時に肩をキュイ〜ンと上げるような動きをよくしていました。その動作は今回無かったのですが、それによってとてもわかったのは、深い呼吸が完璧にコントロールされているな、と。演奏している時、肩が微動だにしないのです。重心が常に低くキープされている。ハーモニカやってる人ならわかると思いますが、吸った時に胸が苦しくなって肩が上がりやすいですよね。それは重心が上がってしまって腹式呼吸が崩れているのです。腹式呼吸をしっかりキープするのってもの凄く難しいのです。そしてそれは体にもとっても良いこと。トゥーツがこの歳でも元気なのは呼吸法の素晴らしさもあるのではないでしょうか(これ結構マジに思う)。

あの独特の滑らかで丸くて柔らかい音は絶妙なコントロールの賜物です。ただ単にプーっと吹いてもあの音は絶対に出ません。口の中で空気を「燻らす(くゆらす)」感じとでも言うのか、リードに対して空気を直線的に当てないというのか、言葉で説明するのは難しいですが、本当に素敵な音色。いつまでも聴いていたくなる甘い音がブルーノートの隅々まで充満してました。

バンドもトゥーツの演奏を深く理解している頼りがいのあるメンバー。実に抑制の利いた素晴らしいサウンド。終始軽やかなハーモニカのサウンドがとても自然な形で主役になっている。これって実はアンサンブルとして簡単なことではなかったりする。ついついバックのメンバーがすぐに盛り上がり過ぎたりすると、途端にハーモニカは「がんばって」吹かないといけなくなり、軽やかで心地良い本来のハーモニカの音でなくなり、時としてヒステリックな音にもなりかねない。抑制の中でどれだけ幅とバリエーションを出せるか?そしていかにハーモニカのためのスペースを作るか?
ハーモニカメインの音楽にはそれがとても大事な部分だと考えてます。トゥーツのピアニッシモで吹いている時の、水の上を歩くかのごとくバンドメンバー全員が繊細な音を奏でてる瞬間の美しさたるや…。クゥーーッって感じですよ(笑)大好きだ、こういうサウンド。自分でも本当に欲しいサウンドの一つの形がそこにありました。
また今回はPAの人(音響の人)も連れてきたようなので、バランスの良いサウンドの鍵がそこにもあったのでしょう。

いや〜、いくらでも書けるね〜(笑)あまり長くなり過ぎても誰も読み切ってくれないと寂しいから、とりあえずこの辺で♪♪ 連日いろんなハーモニカ関係の人とも会えたこともとても楽しかったです。和谷さんとお会いした時の話が実に印象的でした。

「理想的な歳のとり方だよね〜。僕らクラシックの人間は譜面通りに吹かないといけないけど、80歳過ぎたら自由に吹こうかな〜と思ったね〜」

それ今すぐ聴いてみたい(笑)

8件のコメント »

  1. とりあえず読み切りました(笑)
    マイク・マニアならではの気づき。流石です!

    レポート読むたびに納得です。「うん、うん、その通り」
    あっ、次のレポートもあるのかな?

    Comment by Katsuya — 2011/10/14 金曜日 @ 19:02:37

  2. トゥーツのブレスコントロールはとても心惹かれました…あれが完璧なコントロールなんですね…
    美しくて優しかった…
    人生の大部分、ハーモニカ吹いてると自然にああなっちゃうのでしょうかね…
    トゥーツも一生懸命コントロールしているのかなぁ…
    トゥーツまた来てね〜

    Comment by ぱたこ — 2011/10/14 金曜日 @ 21:58:48

  3. Katsuyaさん

    次のレポートはさすがに無いですよ〜 書こうと思えばいくらでも書けるけど、そんなに時間かけられないです〜 何か書いて欲しいこと、聞きたいことあれば書きますよ。

    ぱたこさん

    あの呼吸は自然にやってるのでしょうね。呼吸が安定してるから体の芯もぶれ無い。そりゃ〜吹いてる時間が違いますものね〜 それこそ普段からあんな感じなのでは、とも思った。深い呼吸は本当に体に良いらしい。

    Comment by koei — 2011/10/14 金曜日 @ 22:50:55

  4. 充実した3日間を過ごしたようでなによりですw
    トゥーツワールドを満喫&酔いしれてる姿が目に浮かびます(笑)
    ハーモニカ吹くのに年齢なんて関係ね~よ!!って言う象徴でしょうかねw
    “音楽こそ我が人生”って言えるような歳をとりたいものです(笑)
    俺には・・・無理ですが・・(超弱気)(爆)

    Comment by odakura — 2011/10/15 土曜日 @ 2:34:33

  5. 3日間を堪能されたようで何よりです。

    個人的にはトゥーツの音色の作り方に意識がいきましたが、未だ十全にコントロールされたブレス等が89歳の老人のものとは思えず驚倒しました。またPAの人云々の話も、良いライヴを実現する為の大きな要因だったのではないでしょうか。

    とにかく今回のトゥーツを聴けて幸運でした。
    これからも出来るだけ長くハモニカを吹き続けて欲しいと願っています。

    そうすれば将来“トゥーツ&光栄”のセッションも実現するかな?(笑)

    Comment by tsudda — 2011/10/15 土曜日 @ 17:13:38

  6. odakuraさん

    最後の一行はいらないでしょ〜〜〜(笑)
    でも確かにハーモニカを吹くのに年齢は関係ないと感じましたよー

    tsuddaさん

    トゥーツの吹き方は無理して出してる音では無いので、それがいつまでも音色をキープ出来る要因ではあると思うけど、実際とても絶妙な息加減なので、やはり凄いな〜と思わざるを得ません。PAの人が同行することで安定したモニター環境と会場の音場が作れたことは確実にあるでしょうね。

    トゥーツとの共演、そりゃ〜夢です♪♪♪

    Comment by koei — 2011/10/15 土曜日 @ 22:51:10

  7. 光栄さん、お疲れ様でした。先週で燃え尽きて今週は廃人同然です。
    そして、この記事を読んだら、自分でブログを書く気が失せました(笑)

    「コピーするなら今のトゥーツ」

    全く同感です!
    ジャズ、ポップスを志すクロマティックプレーヤー全員にお勧めですね。

    おまえもやれ、って話ですが(汗)

    Comment by mellowtone — 2011/10/18 火曜日 @ 15:14:18

  8. mellowtoneさん

    廃人同然ですか〜。それは心底堪能した証ですね♪♪
    やっとみんながコピー出来るくらいまでトゥーツが普通の次元に降りて来てくれた、って感じですよね〜。

    Comment by koei — 2011/10/20 木曜日 @ 0:55:02

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.