2008/3/11 火曜日

オーバー・ザ・パラダイス♪♪

Filed under: Daily — koei @ 19:58:31

ハーモニカネタでなく申し訳ないっす。ただの個人的な日記っす。でも書かずにはいられなかったっす。

昨日、普段から仲良くさせてもらっている養護学校の卒業式に参加してきました。

ある日、とある先生がたまたま僕のライブに迷い込んできて(笑)それからいくつかの縁があり、去年にこの学校の「芸術鑑賞会」で光栄バンドを招いていただきライブをしました。その学校に通う子とメールをするようにもなり「a-light-of-life」が生まれました。その子もこの日卒業(祝)。

僕は学校はあまり好きではない。だから学校でライブをしてほしいと言われた時にかなりためらいました。一度音楽の授業を見学に来てほしいとのことで勇気を出して登校(?)した。校門の前まで来てやっぱり帰ろうかなと思ったりしたのですが(笑)でも気合いを入れて踏み込んでみたら、僕の知らない「世界」がそこにありました。パラダイスじゃん!!最後はみんなで手をつないで一緒に歌を歌ったもんね(笑)ここおいら好きかも。なんせみんな自由人なのだ!フリースタイル♪いろんなところから「シャウト」が聞こえてくる。「やけにジェームスブラウンが多いとこだなぁ」と(笑)音楽の原点は「シャウト」さ!人は生まれてきた時にまずシャウトするのだ。芸術鑑賞会でのライブも大成功♪最後はまるでアフリカのお祭りのようだったもの(笑)このライブの前と後では、僕の中の音楽は確実に変化した。

厳粛かつ、フリーダムに満ちた卒業式。みんなで歌う「翼をください」は完全にゴスペルだった!感性のみで突っ走るファンキーな指揮者!!サビではバックビートでみんな手拍子。思わず指揮者盛り上がって体ぐわんぐわん!!クインシージョーンズかと思った(笑)会場には常時何人ものジェームスブラウンがいる(笑)他の人とはちっとも混じらない「抜け」の良い歌声の子がいる。おっ、チャカカーンか(笑)「a-light-of-life」の子が奏でた鉄琴はミニーリパートンの歌声のようだった♪時折聴こえるアヴァンギャルドなオートハープは宇宙だった。サン・ラか(笑)。なんだ、すごいメンバーだな(笑)こんなにソウルフルでグレイトな演奏を天使の眼差しで奏でられたら、そりゃ〜かなわないっすよー。魂に触れて感涙。みんなで上手に手話を交えながら歌う曲もあった。そんなにツボをつつくなよ…

良い音楽を聴いた時に感じる感動と同じものを、彼らを見ているだけで感じるんだよね。奴ら自身が音楽そのものなんだね。そして奴らは音楽が大好き♪同時に音楽を必要としてる人達。こちらがハーモニカを吹けば、すぐに手拍子とジャンプが始まる。彼らの前で演奏する時、僕のハーモニカ君は笑顔だ♪

とかく、感動はテレビなどの中で得ているかもしれない日常。でも「感動」はやはり「体感」するものだね。たった今、目の前で起こっていることに感じて心が動くような場にいたいものだ。
願わくば、僕の音楽もそうありたい。

さて、次回はついに「超合金スズキ君」の正式名称などなどを発表します!スズキ家の人々は超合金12穴、最終段階で必死こいてる模様(笑)。こだわり過ぎて、何が正解か分からなくなってるんじゃないかな(笑)

また「超合金(ブルース)ハープ君」の試作品が届いた〜♪今度試奏レポートしますね。スズキハーモニカ「勝手に営業部長」ですな(笑)

2件のコメント

  1. 光栄さんが恋してる子ですね。
    卒業おめでとうございます。

    これでまた素敵な曲ができますね。
    楽しみにしてます♪

    Comment by あかね — 2008/3/13 木曜日 @ 12:46:06

  2. おっ、あかねちゃんか!?

    気絶しそうなくらいキュートな子さ!(笑)もうアイドルだもんね〜
    親心の領域です(笑)

    あの光景を胸に、また曲が出来ると思う。
    ゴスペル曲を作りたいね(笑)

    Comment by koei — 2008/3/13 木曜日 @ 15:39:48

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.