2008/2/5 火曜日

スティービー君とスズキ君続報

Filed under: Harmonica — koei @ 23:10:38

スティービーは最初に12穴のストレート、クロスを試したそうです。そしてストレートを選んだそうです。
その後、16穴を試して「ニヤッ」としたらしい(笑)(ブレンダンパワー氏 談)
(光景が目に浮かぶなぁ〜)
なので結局お持ち帰りしたのは、12穴ストレート&16穴クロス とのこと。

12穴ストレートを選んだとは結構以外だ〜〜。
まぁストレートだクロスだなんてそんなもんどうでも良いのだろう。直感のフィーリングでしょうねぇ。ちなみに僕の手元にあるのはクロス。両方吹き較べて、なんとなくこちらの方が好きだなと思った。特別こだわりはないのですが、クロスの方が息が沢山入るので、僕的にはこちらの方が吹き易いと感じた。スティービーの話を聞いて、ストレートがものすごく気になり始めたのは言うまでもない(笑) 勝手な憶測ですが、普段とは少し違うプレイをしたい時に使いたいと思ったのでは?超合金スズキ君は今までのハーモニカとはかなり違うと感じる部分があるので、新しい何かが思い浮かんだりしたのかも。。。(妄想中) おそらく16穴をメインにして、バリエーションで12穴を吹くのかな〜という気はしますね。「今度テレビに出る時に使うからねー」とゴキゲンだった模様。マニアな方々、世界中のテレビのチェックよろしく(笑)

ちなみに12穴をまず完成させて、その後に16穴を完成させるようなので、16穴が出来たら僕は16穴を使うつもりです。やはり12穴だとちょっと足りないと思う時があるんですよね〜。でもめっちゃめちゃ重いんだろうなーーー!!!あっ、でも最近SCX64とSC64も吹いてみてるんですね(あ〜軽い(笑))。一通り調整して、しばらく吹き込んでいたら、おお〜この子達も結構いい音するじゃん! だいぶスズキハーモニカ全般のクセがわかってきた。スズキハーモニカならではの良い音のする吹き方をだいぶ解明してきた気がします。SCXなどの軽いボディーじゃないと出ない「良い音」ってのもあるのです。やっぱり曲により使い分けるべきかな〜

3件のコメント

  1. あ、他にもSUZUKIのクロマティック買われたんですね。
    個人的には現在市販されてる4オクターヴモデルではSC64が1番だと思っているのですが、あまりユーザーの方の話が聞こえて来ないのが残念です。

    ストレート(標準)とクロス(千鳥)、それぞれに良い点がありますから両タイプ欲しいとこですけど、このような超高級機のユーザーとしてはまずクラシック系の愛好家を想定していて、それ故にレガートを得やすいストレート配列が優先されるのではないでしょうか。(何たって70万のSilverConcertoや120万のPolleを買われる方も多いくらいですからねぇ)

    Comment by tsudda — 2008/2/7 木曜日 @ 22:50:42

  2. SC64は確かにポテンシャルは高いですね。両サイドが長かったり、穴番号が1〜16だったりと、クセがあるのでこの機種に慣れる必要がありますが、スティービー的な音もトゥーツ(メロートーン)的な音もコントロール次第で出そうですね。SCXはホーナーのスーパー64路線ですね。

    スズキのハーモニカは僕がいずれネットか本でレビューを書くつもりです。皆無ですものね。

    12穴がストレート、16穴がクロスが順当だろうなとは思いますね。
    120万のハーモニカなんてあるんですかーー、ひぇ〜〜。超合金スズキ君はおそらく10〜20万円の間になるのかなと思いますが、それらに較べる全然安いですね〜。

    Comment by koei — 2008/2/8 金曜日 @ 0:32:22

  3. 超合金スズキ君、その後…

    ちょっと、更新が滞ってしまった。 その間にいろいろなことがあったようだ。 田中光栄氏のブログの情報によると、スズキの開発中のクロマチックハーモニカ超合金スズキ君(仮 (more…)

    トラックバック by クロマチックな口風琴(ハーモニカ) — 2008/2/19 火曜日 @ 5:59:08

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.