2012/8/30 木曜日

スリランカから無事に帰ってきました!

Filed under: Daily — koei @ 1:37:09

スリランカ初のミュージックフェスティバル「Colombo Music Festival」に出演してきました!が、「行ってみないとさっぱりわからない…」という状態で出発したスリランカの旅でした。でもやっぱり行ってみてもさっぱりわかりませんでした(笑)

でもこの国は面白い。前回のハモニカサンタで訪れた時も、直前に急遽たった1人で行くことになったわけですが、何故かこの国は助けてくれる人が必ず現れるのです!前回の時は、シンガポール人とカナダ人がたまたまボランティアで来ていて、同行してくれることになり、その人達がハモニカサンタ活動のアシストをしっかりしてくれた。

そして今回はJICA 国際協力機構でスリランカへ派遣されている「松本玲奈さん」という方が現れてくれて、それはそれは大変お世話になりました。スケジュールも曖昧なままスリランカへ向かったのですが、案の定現地でもスケジュールはどんどん変わるし(笑)、当初、通訳を付けてくれるとの話だったのに、そんな人は誰も現れなかったので(笑)、玲奈さんに通訳してもらったり、いろいろと話をまとめてもらったり(マネージャーみたい)、実に頼もしい存在でしたー。玲奈さん、本当に有難うございました!(最後の日のライブは仕事の関係で見てもらえなかったのが非常に残念(><))。それ以外にも前回のスリランカでお世話になったお坊さんも会いに来てくれて、いろんな会場まで車で連れてってもらいました(写真撮るの忘れちゃった…)。

届いたチケットは何故か関西国際空港だったために、8月22日23:00に新宿からバスに乗り大阪へ。23日のお昼のフライトでシンガポールへ向かう(台湾(台北)で一度トランジット)。シンガポールでさらに飛行機を乗り換えスリランカへ。コロンボのホテルへ到着したのは24日明け方4時くらいだったか…。もうそれだけでヘロヘロ…。

当初24日は出番が無かったのですが、急遽、夜9:45pmから野外のメインステージで演奏してきてくれ!と。。。でも会場へ到着しても完全放置プレイ(笑)でも最終的には一応どうにかなるのが不思議なところ(笑)



翌25日もどんどん予定変更(笑)当初の予定だけでなく、さっき決めた予定さえも変更されるようなハプンニグの連続(笑)んで最終的にはメイン会場の一つでライブをすることになりました。そこにはなんと日本人の方が数名来てくれていて、その中の1人が旅行者のバイブル「地球の歩き方」スリランカ特派員をやっている方でした!その方のブログに記事が載るかもしれません。これまで何冊もお世話になっている「地球の歩き方」、その関係に記事を載せていただけるのは個人的にとても嬉しい(笑)

 

そして最終日の26日は沢山演奏した!まずは現地のミュージシャンとガンガンにセッション!

なんとそこでは「パークタワーブルースフェスティバル(新宿)」にラッキーピーターソンのグループで来日した、というブルースマンに出会いました!知る人ぞ知るダウンホームハーピスト「レイジーレスター」も一緒だったんだよ、というのです。ワォ〜〜。演奏をいたく気に入ってくれて、二人で演奏しようゼ!と。

よく一緒にやっているギター小畑和彦さんを黒くたくましくした感じで顔がえらい似ていて他人とは思えなった(笑)

この後、メインの会場へ向かい、今回の代表的なアーティストを一同に会してのステージで演奏しました。初日に松本玲奈さんにシンハラ語を教えてもらい、それをステージでしゃべりたかったのですが、それまでの会場はどちらかというと外人が多い場所ばかりだったのでしゃべる機会がなかった。でも最後のこの会場はフェスティバル関係者が多かったので、最後にようやっとシンハラ語をしゃべりました!会場は大喝采。そしてある曲の最後にスリランカの有名な曲「Olu Pipila」を1コーラス混ぜてみたら、スタンディングオベーション!その曲は僕が完全にコード進行を作り直して、グッとくるような進行にしていたせいもあり、自分でもかなりウルウル状態になってしまった…。久々に演奏しながら鳥肌が立ったよ。あとで、「感動した」「涙が出そうだった」といろんな人に言ってもらえた。音楽は世界共通なのだ。

そしてその後、フェスティバルの最後を飾るクロージングセレモニーでは海外から招聘した代表的なアーティスト達で一大セッション!そこにおいらも参加することに!そしたらなんと「Tanaka」コールが!(笑)「コーエイ」コールならしっくりくるのですが、「タナカ」の方が呼びやすいのでしょうか(笑)いやがおうにも外国気分ですな(笑)。

一番右が僕です。隣はシタールというなかなかあり得ないセッション(笑)真ん中にはエレキバイオリンを立てて弾く不思議なロンドン在住のプレイヤー「Moon Violin」、そして一番左はフルート(インディアンフルートというのか?)を奏でるインドの「Bikramjit Singh」。この二人とはこの後仲良しに。特にBikramjit Singhには大いに気に入られてブラザー決定(笑)インドへ来い、インドへ来いと熱烈ラブコールなのだ! 正直僕もよく知らないのですが、グラミー賞のワールドミュージック部門でノミネートされたことのある人らしい。スゲェ〜な〜。それ以外にもオーストラリアのジャズシンガー「Pipa Wilson」もメルボルンへ来い来い、と(笑)また地球上に新しい遊び場所が増えたゾ(笑)。

 

どうなるかわからないまま始まったフェスティバル。始まっても途中まで何だかわからないことだらけだったけど、最後は大感動の中終えることが出来ました(その辺が実にこの国らしい…)。来年も呼ぶから!と言ってました(是非行きたい!)。このような大規模なミュージックフェスティバル自体が初めての国なので、そりゃスムーズに行くはずがない。3年くらい前にやっと内戦が終わり、平和になり、これから沢山の国と交流し、外国から沢山の人が訪れる国にしてゆこう、これからスリランカはがんばるぞ、そんな意味のフェスティバルなのでしょう。その第一回に呼んでいただき、本当に嬉しい。しかも、もしかしたらスリランカでコンサートをした最初の日本人アーティストかもしれないのです!(調べてみると言ってました)いや〜、もしそうだったら本当に嬉しい。

 

こういう機会のたびに僕はいつも思います。「国と国」となるとぎくしゃくすることも多い。でも「人と人」なら、心があればいとも簡単に仲良くなれる。仲良しになった人の国を好きになったり、気にとめるようになる。何かが起これば心配したり、素晴らしいことが起きれば嬉しくなったり。そんなことが大事な気がします。音楽には人と人を瞬時に繋げる力がある。僕が今、音楽で一番表現したいのは、そこです。

 

ハードでしたが、とても実りのある旅となりました!

あっ、沢村さんはさらにハプニングの連続で、大いに笑わせてもらいました(笑)本人のプライドもあると思うので多くは書きませんが、明け方に到着して、その日の昼にはもうぼったくりにあって最初の換金分を全部持っていかれたことは、ここだけの話にしといて下さい(笑)

2012/8/21 火曜日

スリランカへ行ってきます!!!!

Filed under: Daily — koei @ 22:09:05

23日からスリランカへ行ってきます!(帰国は28日)

なかなか飛行機のチケット来なくて、これはもうダメじゃないか…と思っていたのですが、一昨日あたりやっと届きました!直前過ぎだろ(笑)

昨年12月頭くらいにハモニカサンタとしてスリランカへ行きましたが、今回はハモニカサンタではなく、ミュージシャンとして(笑)行ってきます!コロンボミュージックフェスティバル(Colombo Music Festival)(23日〜26日開催)というフェスに出演してきます!以下のサイトの「ARTISTES」の「FOREIGN」というところに紹介が出てきますので見てみて下さい。

SENSES AND SOUL COLOMBO MUSIC FESTIVAL

最終的なパフォーマンススケジュールが来ましたが、沢山の場所で沢山のミュージシャンが出演しており、日本からは当然おいらのみ(笑) You are most welcomeということが書いてありましたが、行くまでの行程は過酷そのもの。。。

なぜか送られてきたチケットは関西国際空港からだったのです…。23日の深夜バスに乗り新宿から大阪(岸和田)へ向かいます(これだけでもかなりのもんだぞ)。朝に到着して昼のフライト。まずはタイペイでトランジット(><) そしてシンガポールでもトランジット(><) でその後スリランカへ…。いったい何時間かかるというのだろう…。

 

ああいう国の人達だからか、まぁすべてがのんびりというか、テキトーというか(笑)だからもう行ってみないと全部がわからない(どこのホテルに泊まるのかも曖昧…、空港に誰が迎えに来るのかもわからない…)。でも考えてみればおいらの旅はそういうのばかりだよね(笑)ハプニングだらけなのはわかっているので、そんな全て楽しんでしまおうと思ってます!!!!この夏もまったく海なんて行ってなかったのでインド洋は味わってこようと思う♪♪

 

ちなみに今回はピアノの沢村さんとの二人旅なのです!何が心配ってそれが一番心配(笑)どうしようもないったらありゃしないからね〜。それだけで珍道中確定でしょう(笑)そして本当はブレンダン(パワー)も出演予定だったのだけど、フェス自体の運営、連絡などのあまりのテキトーさにしびれを切らしてキャンセルしたの…。ブレンダンとのハーモニカバトル、という内容のライブもあったのでちょっと残念だけど、先日クアラルンプールで会ったのでまぁいいか。

 

何がどうなるのかわからないことだらけで、想像も出来ないことばかりで、また一段とタフになりそうやね(笑)それじゃぁスリランカでハーモニカ吹きまくってきます!!

2012/8/14 火曜日

9月のライブスケジュールアップしました

Filed under: ライブ情報 — koei @ 1:53:20

詳細は「ライブ・セミナー情報」を見て下さい。

9月 4日 (火) 横浜「上町63」栗田妙子(Piano)Duo
9月 9日 (日) 大船「和・豊田」沢村繁(key)Duo
9月 11日 (火) 大久保「Boozy Muse」吉木稔 soulstation
9月 21日 (金) 中目黒「楽屋」田中光栄バンド!!
9月 29日 (土) 大久保「Dolce Vita」田中光栄ハーモニカ教室ライブ!!!

しかし、いまだにスリランカから飛行機のチケットや詳細が届いてない…。どうなってしまうのだろう…

2012/8/9 木曜日

無事に帰ってきましたー

Filed under: Daily — koei @ 2:53:18

マレーシアから無事に帰ってきました!なかなか充実した日々でしたね〜。

アジアハーモニカフェスティバルというイベントです。この中にコンテストがあるのですが、沢山のカテゴリーがあり、沢山の参加者がいます。僕はクロマチックソロ12〜16歳という部門の審査員を勤めたのですが、よりによってこれが一番参加者が多い…なんせ97人もいるのです!!!いや〜、さすがにヘロヘロでした。審査員なんてしたこもないし、そもそも自分自身コンテストにも出たことが無いので自分の審査基準でいいのだろうか、と心配してみたり…

今回はなんと光栄バンドでお馴染みのピアノの沢村さんも同行したのです!だからスズキのブースではずっと大セッション大会!!最初こそ遠慮気味にやっていたのですが、翌日からはガンガンに!(笑)

隣はホーナーのブースだったので、悪いなと思いつつもセッションは楽しいのだからしょうがない(笑)各国のプレイヤーもいろいろ巻き込み、常に人が群がる賑やかなブースになりました!!スズキ名物営業マンYさんは、あとで呼び出されて怒られてたみたいですが(笑)まぁ日本でもYさんは他社の誰かしらにいつも怒られているんですけどね(笑)ハーモニカファンが楽しめる場を作ることに命をかける営業マン。偉い人から怒られようと、みんなが喜んでいるのだからノープロブレムなのだ♪♪
こんな幸せなセッションの光景が他にあるかい?

コンサートでは(写真がありません、申し訳ないです)Autumn Leaves(枯葉)をやりました。枯葉と言ってもほとんどがインプヴィゼイション(即興)なので、原曲の面影は少なかったと思いますが。まだアジアのハーモニカシーンでは、こういうジャズのアプローチをする人が少ないので、自分の役目はそこかな、と。会場中からポカンとされるかなと思ったけど、反応は思ったよりも悪くなかったのでよかったです(^^) 

沢山の再会と新しい出会い。こういうことがたまらんのです。新しいブラザーも出来ました!またここから楽しいことが沢山始まりそうですよーーー

2年ぶりのブレンダン兄ちゃんとの再会。今後一緒にちょっとしたプロジェクトをするかもだよー

マレーシアのナイスガイ、Brother Zhin(ジン)と♪

フィリピンでアジアのブルースシーンのコミュニティーを作っている、なにやら怪しい人(笑)コンサート後「あんたのようなプレイは聴いたことがねぇー」と興奮してました(笑)今後何かしら関わってゆきたいものです。

マレーシアの人気ハーモニカグループのフロントマン「Aiden Soon」と。彼も2年前のシンガポールぶりですね。

真ん中の女の子はマレーシアの人気ハーモニカグループで活躍してる子です。左の方はそのお父様。そして一番右が、今回かなり沢山一緒にセッションをした台湾の人気プレイヤージャンリー(Jang Li)。

新たに出来たインドネシアのファミリー!

彼(Rega Dauna)とはブラザーになりました!おそるべしインドネシアの14歳(!)のプレイヤー。僕はアジアで「Jazz」を感じるクロマチックプレイヤーに初めて出会いました。今後素晴らしいプレイヤーになるはず。彼とは今後も会う機会を作っていきたいし、自分の知ってることは全て彼に伝えたいと思えるような逸材です。まだまだ可愛らしいあどけなさも満載で心をつかまれまくり。ブラザーというより息子のような感覚やね(笑)

左からZhin、沢村さん、Simon(マレーシアのキーボードプレイヤー)、Tony(オーストラリア)。Tonyは前回のシンガポール会ってる実に面白い奴!

左から2番目はJens Bunge。セッションやセミナーを一緒にやりました♪

フランスのあやしい「とっつぁん」(笑)Jean Labreと。ブースで演奏し出すと気づくと隣に立ってる(笑)どんな曲やっても全部同じことしかしない、実のハートの強い奴(笑)

そして今回のトピックは教室の生徒さんである須門(しゅもん)君の大活躍っぷり!コンテストで沢山の部門に参加したのですが、複音ハーモニカではエントリーした3部門全てで1位を取るという偉業を成し遂げました!すげぇ〜。

須門君はそれだけでなく、コンサートにも出演したのです。沖縄生まれで三線(さんしん)をやっているので、三線弾きながらホルダーでハーモニカを吹くという新しいスタイル。僕も三羽(サンバ)という沖縄のカスタネットで共演しましたー。(写真がなくて申し訳ありません)

今後につながってゆくことが沢山ありそうな、とても実りのある旅になりました!参加したみなさまお疲れさまでした。そして有難うございました。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.