2012/6/27 水曜日

7月1日「佳恵の音色」開催

Filed under: Daily — koei @ 17:36:56

伊藤佳恵さんは僕の教室の生徒さんであり、ライブの常連さんであり、ハーモニカマニア仲間であり、ハモニカサンタのメンバーであり、発病後(急性リンパ性白血病フィラデルフィア染色体陽性:ALL)は戦友として、長く濃い時間をともに過ごした僕の「親友」です。

一周忌イベントとして、伊藤佳恵メモリアル「佳恵の音色」を開催いたします。12:00〜13:00前くらいまで僕が光栄バンドと共に演奏いたします。その後はいろんな方にハーモニカを演奏していただく予定で、生前お知り合いだった方はもちろん、そうでない方でも誰でも参加OK。ハーモニカ好きな人ならなおさらウェルカム。沢山の方々と盛大に行なえればこんな幸せなことはありません。ご来場の方は是非キー「C」のハーモニカをご持参下さい。最後に僕がハモニカサンタとなりレクチャーしますので「キラキラ星」と「アメージング・グレイス」をみんなで演奏しましょう!参加型のメモリアルイベントです。どうぞよろしくお願いいたします。

7月1日(日)大久保「Dolce Vita」12:00〜15:30
参加費¥3500(別途お一人様1ドリンクのご注文をお願いします)
東京都新宿区北新宿1-12-11 エトワールビル北新宿B1
Tel 03-3364-1530
大久保 Dolce Vitaホームページ

 

2012/6/21 木曜日

再会〜What’s Going On〜

Filed under: Daily — koei @ 2:38:02

ビルボード東京へBernard Purdie(バーナード・パーディー)のライブに行ってきました!2008年にニューヨークで出会ってニュージャージーでのライブに出させてもらい、それ以来ずっと来日を待ちわびていました。。。やっと東京で会えたー!!(今年の1月にアナハイム・アメリカのNAMM SHOWにて再会しましたが)アンコールで「What’s Going On」をやってた!ニュージャージーでのライブでこの曲を一緒にやったのですが、ものすごーく感動して鳥肌立ちながらハーモニカを吹いていたのを覚えている。今回聴いていてなんだかたまらない気持ちになったよ(涙)

出会ったことのある人と、出会った時と違う国で再会することに、とても人生のドラマを感じてしまいます。生きていれば、また会えることが出来る。世界はつながっているのだ。人生で一番大事なことは「出会うこと」だと思わずにはいられない。また会おうね!バーナード!

 

2012/6/16 土曜日

ハーモニカの仕事はいろいろだ

Filed under: Harmonica — koei @ 0:43:17

ディープにジャズがうごめく店「上町63」のYouTubeチャンネルがあった。先日(5月29日)行なった板垣光宏さんとのデュオの中から1曲がアップされてましたーー。11分以上にわたる演奏、全ては即興で(曲はDindiです)、打合せ、リハーサル一切無し、その時に感じたままに、そして相手の音に反応しながら、音楽にどっぷりと浸るように演奏してます。(ファビュラスボディーにシリウスリードプレートの複合モデル「ファビュリウス」です!(笑)こうやって客観的に聴くととても良い音だな…)

 

かたや、この時期に流れていたCMです(最近まで良く流れていたので見た方もいるかな)。このハーモニカを吹きました。

いや〜、音楽の仕事っていろいろですね(笑)まぁ上町のは仕事というより「生きざま」かな(笑)しかし(車の)スズキのCMに参加するとは縁を感じますね(笑)しかもスナフキンになれたことは実に嬉しかったりする♪♪

今日は7月から始まるドラマのレコーディングをやってきました。何のドラマなのか何も知らないで録音したのですが、終了してから話を聞いたら「ビューティフルレイン」というドラマとのことでした。番組サイトを見たら、とても良さそうなドラマのようですね。ハーモニカ曲がどこでどう使われるのか全然分かりませんがチェックしてみてください〜。(普段この手の仕事は放映前に情報を出すことはしませんが、すでにオフィシャルサイトもあったので載せました)
ビューティフルレインーフジテレビ

2012/6/13 水曜日

続・リードプレート

Filed under: Harmonica — koei @ 23:59:14

先日の記事のコメントで「10ホールファビュラスもワイヤーカットか?」という質問に対して、情熱の営業マンYさんに聞いてみたところ、回答メールをいただきました。いろいろ興味深く、みなさんにも知ってほしいな、と思うことあったので、新たにアップします〜

10穴のファビュラス プレートはプレス製作です。
リードを再設計(音色と耐久性を解析しロング化)、リードプレートの生産で初めてシェービングに挑戦、採用しました。
その後の開発商品である、MANJI、OLIVEに引き継がれています。
リードに関してはMANJI製品化の際、ファビュラスリードをベースに耐久性を考慮して再設計しています。

という回答メールをいただきました。さぁ、ここからはマニアックにいきましょう(笑)
さすがに10ホールもワイヤーカットだと10ホールにおいての常識的な価格設定内では無理なのでしょう。しかし10ホールにもクロマチック同様の響き(高域まで綺麗に伸びた音)を感じます。いまだに音色的にはファビュラスが一番のバランスだと思う。

しかしこの「シェービング」という言葉がポイントになってますね〜

プレスでガツン!と打ち抜く際に、1回で打ち抜かず、あえて2回かけて打ち抜くことをこのように呼ぶようですが、ここにとても大事な意味があります。

一番最初に(もう何年も前の話ですな)スズキの工場を見学した時に教えてもらい、実に印象に残っていることがあります。それがこのプレート打ち抜き(プレス)についてなのです。それまでの機械だと、その打ち抜かれた部分の表側と裏側が同一の幅にならない、ちょうど台形のような形になってしまい、裏側が広がってしまう、と。それだと精度に欠けて、空気ロスやバラツキが出てしまう。そしてその当時に新しくプレスの機械を自社で作ってしまったようですが、今までのよりもかなり強力なもので、何十トンだか何百トンだか忘れましたが、なんせものもの凄い圧力でプレスすることで、極限まで均等な幅にするのです、と言ってたのを良く覚えてます。その機械も実に印象的なものでした。こんな手の平サイズの薄い物を打ち抜くのに、やたらとバカデカイ物で、まるでそれはガリバーの世界だったよ(笑)そんな機械を使って、さらに2回にわけてプレスするわけです。わかりますよね!

「僕は君(プレート)を絶対に台形になんかしないぞ!」という熱い想いなわけですね(笑)

なんでこんなにこの時のやりとりが印象に残っているかと言うと、その当時(スズキを使う前)に使っていたハーモニカのバラツキ、個体差が激し過ぎて、もう本当にツラかったのです。そして、リードまわりの精度(プレートとの関係)がバラツキが出る一番の原因だ、というとこまで自分でも突き止めていたのです。どうすればこのバラツキを抑えられるのだろう…といつも考えていた。だからこの話を聞いた時にとても腑に落ちたのです。最近のスズキ10ホールがオーバーブロー、オーバードローがやり易いことの核心はココでしょう。「エンボス」という作業が行なわれるようになったのもこういう部分からなのでしょう。クロマチックにおいてもシリウスやグレゴアなどの濃厚な音色の核心がココでしょう。

そう考えるとMANJIやOLIVEってどんだけお得なモデルなんだろう…。ファビュラスを開発するのに膨大な時間と費用をかけたはずですが、ファビュラス以降は矢継ぎ早に新しいモデルがどんどん出てるのは、全てはファビュラスという「親分」からの再設計で作れるからなんでしょうな〜。

いや〜、ついリードプレートについて熱くなってしまったよ(笑)

6月22日 (金) 鎌倉「Daphne(ダフネ)」ライブ、よろしくお願いしますー!!

2012/6/12 火曜日

6月22日(金)鎌倉「Daphne(ダフネ)」よろしくお願いします♪

Filed under: ライブ情報 — koei @ 23:40:16

今月22日(金)の鎌倉ダフネでのライブ、是非遊びに来て下さい〜〜

ジャズ、ジャズファンク系のセッションライブです♪♪ベースの西村直樹さんは初共演!ドラムの鈴木達也さんはだいぶ前ですが一度セッションしたことある方です。強力なリズム隊なので、グルービーな曲で吹きまくりたいっすねー。自分のライブとして「ダフネ」でやるのは初めてなので、是非沢山の方に来ていただきたいです!味も音もとっても素敵なお店です。どうぞよろしくお願いします。

6月22日 (金) 鎌倉「Daphne(ダフネ)」
田中光栄(Harmonica)沢村繁(Piano)鈴木達也(Drum)西村直樹(Bass)
チャージ¥2500
open 19:00 showtimes 20:00~(1stステージ)/22:00~(2nd ステージ)(入れ替え制ではありません)
Jazz Club Daphne
鎌倉市小町2-10-10 榎本ビル3F
TEL:0467(24)5169

鎌倉Daphne
 

次ページへ »

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.