2011/6/23 木曜日

トゥーツが奇跡の来日!!!!!!!

Filed under: Daily — koei @ 12:28:58

トゥーツが10月に来るらしい!!!!
もう日本では聴けないと思っていた。。。
もう今から涙が出そうだ。。。

2011 10.11tue.-10.13thu.
【TOOTS THIELEMANS】
 その心に沁みるハーモニカの音色と笑顔は
 まさにワン&オンリー!89歳の巨匠が来日
 Music Charge : ¥10,500(税込) ★1日1回公演のみ

 Jam Session会員予約受付開始日:6.27mon.
 一般予約受付開始日:7.11mon.

 ===========================
 トリフォニーホールS席(通常料金 ¥8,000)
 +ブルーノート東京自由席(通常料金 ¥10,500)セット券
 ===========================
 ブルーノート東京JAM SESSION会員、トリフォニークラブ会員:¥14,800(税込) <6.26発売>
 一般:16,650(税込) <7.10発売>
 ※セット券の取り扱いはブルーノート東京店頭、トリフォニーホールチケットセンターのみ
 ※セット券の購入時に会員の同時入会申込可

あと、最近たまたま知ったんだけど、何とスペインの超グレートなハーモニカプレイヤー「Antonio Serrano(アントニオ・セラーノ)」が先月に来日ライブをしていた!!!!チキショーーー知らなかった〜〜〜〜。めっちゃくちゃ聴きたかった。。。ハーモニカ関係者へは情報がほとんど流れていなかった模様。。。
まったく、ハーモニカマニアさん達、日頃から情報収集しっかり頼みます!!(笑)

2011/6/9 木曜日

「ファの豆腐」上映開始!!

Filed under: Daily — koei @ 19:25:36

ハーモニカ指導として協力した映画「ファの豆腐」が 6月11日(土)〜7月1日(金)まで3週間限定レイトショーとして「テアトル新宿」にて上映されます!!!

本来、「コ・フェスタPAO」というプロジェクトの一環として3月に東京ミッドタウンにて開催されるはずでしたが、震災のため中止となり、やっと晴れて一般上映されることとなりました。
コ・フェスタPAO

 

この映画は40分ほどの中編映画です。他に2つの中編映画もあり、その3つで1セットとして上映されます。
上映情報

 

この映画、ただ単にハーモニカを指導しただけではありません。映画の中では、みなさんの知ってる曲の一部(僕の曲です♪)が聴こえてきます〜〜〜〜。さて何の曲か???

主な出演者は3人(菊池亜希子さん、塩見三省さん、三浦誠己さん)なのですが、全員が何らかでハーモニカ吹きますよ〜〜〜〜。メイキング(日によって上映されるらしい)では指導してるとこなど僕も少し映ってます(笑)。

まずは新宿の映画館のみですが、今後全国規模で上映されてほしいものです(当然そのようにしてゆくとは思います)。是非行ってみて下さい!

6/11(土)~7/1(金)まで、連日21:10~レイトショー!
テアトル新宿

テアトル新宿窓口にて、特別鑑賞券(\1,300)販売中!
当日料金:一般:\1,800 大・専:\1,500 シニア:\1,000 水曜&映画の日は\1,000均一

 

ちなみに塩見三省さん(「スクール」というドラマで教頭先生役やってた人)は、以降ハーモニカにとても興味を持ちましてライブにも遊びに来てくれました。ハーモニカに興味を持つ役者さんは多いんですよね〜。色んな人にハーモニカをやってもらいたいものでございます♪♪

2011/6/7 火曜日

F.I.Hに行ってきたー

Filed under: Daily — koei @ 0:27:43

第31回F.I.Hハーモニカコンテスト、6月4日、5日ともに行ってきましたーー。

 

以前は土曜に行なわれるブルースライブにゲスト出演していましたが、現在僕は完全なる「スズキアーティスト」なので、このイベントのステージに上がることはすっかり無くなってしまいました(笑)といっても別にモリダイラ(ホーナー)の方々と仲が悪いわけではありませんよ(笑)

 

今年は出場人数が減ったようで10ホールもクロマチックも7人ずつでした。

ここ数年は毎回見に行ってます。いつもそれなりに高いクオリティーですね!今回も普通に楽しませてもらいました。みなさん上手だし、素晴らしかったと思う。

でもコンテスト入賞者とプロの演奏家とは、やはり歴然とした差があることもまた事実でしょう。コンテストにどのくらいのクオリティーを求めるのかは微妙ですが、審査員の方々の講評は毎回「さらなる上を目指せ」「上手いけどまだまだだ」ということを言葉は違えど訴えているように聞こえる。でもハーモニカが上手くなったその先にどんな夢があるのか?そこが大事だ。我々プロやハーモニカ業界の人間はそこを真剣に考えないといけない気がする。入賞者クラスとプロの間には、技術だけではないものが沢山あるのだ。

 

素直に面白いと思う部分とオイオイっと突っ込みたくなる部分も満載で複雑な気持ちにもなるF.I.Hです(笑)審査員の方達の中でも考え方の違いとか色々あるんじゃないかと思われる節も沢山あり(日曜の方ね)、見てるこっちがハラハラしてくる部分もあり、なんだか「プロレス」でも観ているような感覚にも(笑)まぁなんやかんやで楽しませてもらってます♪♪ ただ最近似たような出場者が多いので、新しい人達も出てきてもらいたいものですね。

 

ちなみに僕はコンテストの類いに出場した経験が全くありません。だから「何とか大会何とか部門何位」とかの肩書きは一切持っていません〜〜〜〜。昔々、F.I.H というコンテストがあることを知りましたが、若かりし頃(大阪時代)の僕は極度の貧乏で、応募するお金が無かった(笑)そして東京に戻ってきてほどなくプロとしての活動を始めたので「コンテストに出場する」といった発想自体がありませんでした。。。

 

なにはともあれみなさんお疲れさまでした。そして入賞された方々、おめでとうございます!

 

P.S

前回書いた6月4日に満を持して発売されたスズキのハーモニカケースですが、「ハーモニカの聖地・谷口楽器」では、案の定(?)発売初日1つも売れなかったらしい(爆)おいら笑った。スズキも笑った。みんな笑った。イェイ♪♪

 

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.