2011/2/26 土曜日

「極道めし」の試写会に行ってきた

Filed under: Daily — koei @ 2:08:06

「極道めし」の出演者及びスタッフ、関係者のみの試写会があり行ってきました♪♪♪

単刀直入にとっても面白かった!!

笑いあり、涙あり、と書くとなんとも安っぽい感じがしてしまうが、ものすごく独特な世界観というのか空気感というのか、そんなものがあり、緊張感とユルユル感がリズミカルで引き込まれる。笑いも涙もごく自然に誘われたな〜。

内容の面白さもさることながら、登場する料理が本当に美味そうなのだ(笑)描写が実に素晴らしい。笑えたり、悲しくて切なくて泣けてきたり、そんなふうにとっても心が動かされるんだけど、終わってみると、一番最初に思った感想が「何か食べたくなった」という(笑)。でもこれってこの映画の本質のような気もした。「食べる」ことは日常でもあり尊くもあり、そして「食べ物」には喜びも悲しみも全部詰まっている。心が動けば腹も減る。

9月くらいからの上映のようです。是非観に行ってみて下さいーーーー

そして肝心のハーモニカですが…。

久々に自分のハーモニカ聴きながら泣いた。というか、場面とハーモニカがものすごくリンクしていて、どうにも心が揺さぶられたシーンがある。音楽の中心になっているのはハーモニカ。大事なシーンではほぼ確実にハーモニカが流れる。嬉しいじゃありませんか。使ったハーモニカはもちろんFabulous F-64 もうこの楽器の「うま味」全開♪♪かなり濃厚です☆ これは映画館へ行かないと味わえませんね。みなさんに映画館の大音量で聴いていただきたいと切に願います。「ちょっとハーモニカの音、デカ過ぎじゃないか?」と思ったくらいだもん(笑)

この映画に関われて本当に良かったと思います。こんなにハーモニカの音で世界観を構成した映画は中々ないと思います。これが他のプレイヤーが担当していたら、僕はきっと悔しがっていたでしょう(笑)そして久々にプロフィールに書きたくなるような仕事でした。 公開までどうぞ「よだれを垂らしながら」待っていて下さい(笑)

a

2011/2/21 月曜日

ハモニカサンタ募金、本当に有難うございました。

Filed under: Daily — koei @ 23:08:47

無事にMusic make us one. vol.3が終わりました。ご来場の方々有難うございました。出演者及びスタッフのみなさまお疲れさまでした。何よりも荒武くん、お疲れさまでした。素晴らしいイベントになりましたねーーー。

そして今回はハモニカサンタへの募金をしていただいたことに、感謝の言葉もございません…。15点もの写真を大きくプリントアウトしてくれて、ロビーに飾っていただきました。大きな写真で見ると、よりキラキラした何かを感じましたね。募金箱には予想以上に沢山のお金が入っていてビックリでした…。後日正式に受取ることになりますので、その時にまたご報告いたします。少しでも多くのハーモニカを買うために、または何か教材的なものを作る時の資金にしたいと思います。次のハモニカサンタの具体的な予定はたっていませんが、寄付していただいたみなさまに良い報告が出来るようにいたします。(スリランカに行く企画は出ています)

今回からMusic Santa Projectということを開始し、その栄えある第一回目の支援としてハモニカサンタを選んでいただきました。

Music Santa Project

終わってからロビーでいろんな方に声を掛けていただきました。「私もハモニカサンタやりたい!」「私も何かしたいけど私には何が出来るんだろう?」などなど。写真を見て、何かを感じていただいたのでしょう。とても嬉しかったです…。

自分自身、案外深く考えてない部分も多々あるし、何の役にたってるのかよくわからない部分も多々あるし、ハモニカサンタのことを考えた時、自分でもわけがわからなくなることの方が多い。綺麗な言葉をならべることは出来るけど、そうすればするほど、結局自分が重い荷物を背負うことになりそうで、それもまた怖い。昨日のMCで「音楽で夢を見たいからやっている」とお話ししました。何も考えずにあの瞬間勝手に口から出てきた言葉でした。でもやっぱりそこなんでしょうね。ハーモニカ一つで「ヤツら」を笑顔にする。それもまた自分の「作品」てことでしょうね。

ハモニカサンタで出会った現地の人も、今回のイベントで知り合った多くの人も、僕の中で一直線上です。音楽がその全てを繋いでくれてる。「Music make us one」というフレーズそのものだね!!

z

Z

2011/2/15 火曜日

ライブ、イベント、ハープチューンアップ

Filed under: ライブ情報 — koei @ 1:26:30

★2月17日 日暮里「PORTO」小畑和彦(G)
相変わらず自由きままに気持ち良い音楽ばかりやります〜。飛び入りだって歓迎だい!
19:00open Live19:45〜/21:00〜 ¥2500
荒川区東日暮里5-40-8 (JR日暮里駅下車)
tel.03-3891-6444
Bar Porto

★2月18日 自由が丘「マルディグラ」沢村繁(P)

久 々のマルディグラ出演ですね〜、いつぶりだろう?光栄バンドの始まりはマルディグラからでした…。沢村さんとガッツリとデュオ。光栄バンドとも今までの二人のデュオとも、ちょっと趣きが違うものになりそう。即興(フリーインプロヴィゼイション)もあるでしょう。

20:00開演 
世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1
03-3722-6892
マルディグラ

★2月20日 東京FMホール「Music Make Us One Vol.3」田中光栄バンド

荒武裕一朗(P)主催のジャズイベントです!光栄バンドでの出演となりました!!! 今回の売り上げの一部や、当日募金箱を置いて「ハモニカサンタ」への寄付をしていただけるとのことです。本当に有難いお話です…。当日はハモニカサンタのミニ写真展(ウガンダ、カンボジア、南アフリカ)も開催予定ですので、是非とも沢山の方々に来ていただき、写真も見ていただきたいと思っております。全員集合でお願いします!!!(僕から直接チケットをお売りすること可能です)
素敵なハモニカサンタのページも作っていただきました。下のリンク先をクリックしてみて下さい。

Music Santa Project

東京FMホール  東京都千代田区麹町1-7    

●半蔵門駅1番・2番出口から徒歩3分 ●有楽町線麹町駅1番・2番出口から徒歩5分
開場:14:30  開演15:00  終演19:30(予定) 料金:前売り ¥4000 当日 ¥4500

国貞雅子(vo)Band
深沢晴奈(fl)Quartet、
田中光栄(harm)Band
上田裕香(vo)Trio、
荒武裕一朗(p)Trio(以上順不同)

<チケット> Web:上記HP内の申し込みフォームから購入できます。 Phone:090-5534-4410 (実行委員会・岡田) E-mail:info@musicmakeusone.com    住所・氏名・電話番号・枚数を明記の上、送信ください。     後日、お振込み手続き等のご連絡を致します。 各出演者:チケットは各出演者からも購入することができます。
music make us one

最近「エンボス」と呼ばれる処理したハーモニカ(Fabulous 10ホール)を手に入れました。「エンボス」とは、リードとリードプレートの隙間を極限まで狭く細工すること。かなりの手間がかかる。

このようなチューンアップしたハーモニカを持つのは初めてでしたが、いや〜、これが吹きやすい吹きやすい!!!オーバーブロー凄い出しやすい♪♪ オーバーブローの音階がハッキリ出やすい♪♪(オーバーブローって1音じゃなく、音階が出るのです)ベンドなんてグニャグニャかかる(笑)凄いな〜〜。。。

ただでさえ今までのハーモニカよりも明らかに高精度に組上げられてるFabulous F-10をさらにチューンアップするって、クレイジーだね(笑)中毒性のあるハーモニカになってしまった(笑)

2011/2/9 水曜日

次に向かえる感触があったモーションブルーライブ

Filed under: Daily — koei @ 14:53:58

モーションブルーのライブ、無事に終了しました!

沢山の方に足を運んでいただき、本当に、本当に有難うございました。今回も全国から集まってきてくれた模様。感謝の気持ちを言葉に出来ないから心を込めてハーモニカを吹く。それが僕の表現方法。

「ハーモニカが喜ぶ音楽はどんなのか?」

僕は毎日のようにそれを考えてます。少なくともここ10年くらいは(笑) それの答えの一つが昨日感じれた瞬間があった。

考え過ぎな部分もあると思いますが、「ハーモニカが主役になる音楽」ってホント難しいんですよね〜〜〜〜。「こういう曲調、ジャンルが好きだから、そこにハーモニカあてはめて吹いてみました♪」的な感じでやっただけでは、「?」になってしまうことも多い。「こんな曲調でのハーモニカは聴いたこと無いから面白い!」ということはよくあります。でも目指したいのは「面白い」ことではない(もちろん大事な要素ではある)。「ハーモニカにしか作り出せない世界」「どうしてもまた聴きたくなる音楽」。単刀直入に言えば、「残ってゆく音楽」をしたいのです(誰でもそう思うの当然ですが…)。それには「自分」を中心に置くのでなく「ハーモニカ」を中心に置いて考えた方が見えてくるはずだと…。

んでね、なんかその断片が昨日感じれたのです♪♪♪ これと言って目新しい曲を沢山やったわけではありません。半分は今までのオリジナルだし、カバー曲も初めてやった曲は少しだけ。でもね、創り出す世界観への取り組み方が今までと少し変わってきた感触なのです。しかもとても自然に。

次に向かえる「場所」を見つけられたような気がしました。昨夜、僕の相方(ファビュラス)は確実に喜んでいました!

前回約1年前(3月)にモーションブルーに出演した時、季節外れの吹雪で最悪の天候でした。今回は大丈夫だろうと思っていたら、なんと夜遅くにはまたしても雪が…。誰だ、雪男は!(笑)

z

リハーサル中

2011/2/1 火曜日

「極道めし」 レコーディング終了

Filed under: Daily — koei @ 1:27:30

二日間に渡った映画のレコーディングが終了しました!

今回、レコーディングに参加した映画は「極道めし」(前田哲監督)という題名です。原作は漫画です。新聞や「1分間の深イイ話」などでも取り上げていたようなので、名前は聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
極道めし・映画ニュース

a

これがとても面白いというか、興味深いレコーディングとなりました!

ハーモニカのみ(アカペラということ)の録音も何曲もあり、それは映像を見ながら録音しました。曲(メロディー)は当然あるのですが、映像を見ながらちょうど良いタイミングで終わるように演奏する。10秒 20秒のフレーズならいざ知らず、これが時に2分くらいあるものだったりするーー。でもこれが、以外に合っちゃうのです!我ながら未知の才能を感じた(笑)映像とセッションしてる。まさにそんな感じでした。俳優さんの表情や動作、間、それに合わせ演奏する。映像を見ながらレコーディングするのは今まで何度かありましたが、ここまで映画の世界観を広げるために自分もその中に入り込んで、俳優さんとセッションするようなのは初めてですね〜。

監督もずっとスタジオに来ていて、色々指示をくれる。音楽の人ではないから、音楽的にではなく、そのシーンの世界観や感情を指示する。自分がハーモニカを使って演技してるような、まるで俳優さんにでもなってるような感覚もあり、なんかすげぇー面白かった(^^)

音楽に一番大事なのは「感受性」ではないか、と考えていますが、今回の「セッション」はそれこそ感受性のみで成立するようなものだったと思う。セッションは音楽(音)だけではないね〜。もっともっと様々なものとセッション出来るんだね〜。

監督いわく「これはハーモニカのための映画だ!」というほど、ハーモニカが音楽のメインになっている映画です!!!!!! コミカルではありつつも切ない映画のようなので、その切なさを表現するためにハーモニカが選ばれたようです。それは僕のもっとも得意とするとこですからね(笑)とにかくハーモニカファン必見!秋の上映らしいので、まだだいぶ先ですが…。

「極道めし」覚えておいて下さい!!

z

2月8日(火)モーションブルー横浜
Charge:1 show_¥2,400 / all show_¥4,200
open_5:30pm / showtimes_7:00pm & 9:00pm
Motion Blue yokohama  045-226-1919
〒231-0001 横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
Motion Blue

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.