2009/6/17 水曜日

印象的な質問♪

Filed under: Daily — koei @ 2:09:26

怒濤の3日間を過ごして、今日帰ってきました〜。いや〜、実に濃く満足出来る日々でした。

まずは一緒に行動したスズキのYさんお疲れさまでした!って感じやね!普段、一人ぼっちで営業活動で全国飛び回っているから、こうやって一緒に行動出来ることがよほど嬉しいようで(笑)3日間、沢山話しをしました。でも振り返るとずっと同じ話ししかしてない気がする(笑)我々はブレてないってことやね(笑)熱く語りました。

そして大阪、名古屋と一緒にライブを手伝ってもらった西山瞳さんにはホント感謝でございます。西山さんとは、今後も何かと一緒にやることがあるでしょう。まだまだ未知の部分を感じるオススメのデュオです!西山さんの引き出しの多さに「わぉ〜」と感じること多々でした。 「ヨーロピアンジャズ」というフレーズがキャッチコピーのような彼女ですが、いやいや、それだけに留まってない、柔軟性のある素晴らしいプレイヤーです。実にハーモニカともマッチしてると思いました。

そして、セミナー、ライブに来ていただいたみなさま、本当に有難うございました。また行くからね!また会いましょうね!

今回セミナーをしていて、とても興味深い質問がありました。しかも大阪、名古屋ともに、言い方は違えど、同じような質問をもらいました。

「アドリブは必要なのですか?」

すごく良い質問です。今回のセミナーのテーマの1つに「アドリブ」というキーワードがありました。まぁこれは、そのようなリクエストもあるし、その手の音楽が好きな人には、絶対トライしていただきたい部分なので、今回取り入れました。しかし、そうだなぁ〜ここ2年くらいかな〜、実は僕自身アドリブの練習ってほとんどしてません…。何故か。 それは、もっと「ハーモニカで歌えるようになりたかったから」。だから歌うための幅を出す訓練ばかりしてきました。自分で曲を作ると、アドリブパートが無い曲が結構あります。むしろ、アドリブを大胆に盛り込む曲は、作り始める段階から、そのような作り方をして、「これはアドリブ用の曲」として作ります。だから、僕にとってはアドリブは、表現手段のただの1つでしかありません。全然全てではない。時間をかけて、やっと生まれ落ちて完成されたメロディーを、その場の即興がそれを超えることはあり得ない気もするし。

だから、「やらないといけないのか?」と言われれば、必要ないと思えば「やらなくて良い」と言いたい。ただ、やりたい音楽がビバップとかモードとかフリーとかの系列にあるジャズであればやる必要があるでしょう。だってアドリブ、即興の音楽だもん。基本的に「ジャズ」はアドリブの音楽ではあるけど、それでもアドリブなんてほとんど無いジャズだってある。だから現代において「ジャズ=アドリブ」というのは、ちょっと違うかもしれない。アドリブをすることはもちろん大好きです。でも「歌い方を高めてゆく」という取り組みをしてきて思うのは、「それはジャズのアドリブと同じくらい難しいことであり、楽器演奏の上で、絶対的に重要視するべきだ」ということ。だいたい、アドリブフレーズも「歌わせないと」ただの音の羅列で全然かっこよくならないっす。まぁ、これは僕の個人的な考えであり、同じ質問を違う人にしたら違う答えが返ってくることは普通にあり得ることですが。

そしてこれからの僕はと言えば、そろそろまたアドリブの幅を広げる訓練をしようとしてるとこなんですけどね(笑)

こういう「純粋な疑問の質問」って、すごく大事だよね。質問コーナー主体のセミナーというのもアリかもしれないね。

この旅はスズキ主催なのは言うまでもありませんが、考えたら、楽器的な宣伝とか全然してなかった(笑)僕の使っているハーモニカはもちろんSUZUKIのFABULOUSです。セミナーやライブを聴いた人は、何かしら感じるとこあったと思うのですが、あの音は厳密に言うと、FABULOUSしか出せません。FABULOUSの特性を活かした音と思っています。しかも、まだまだ底が知れません。今回、スズキ社で試奏用の新品に近い状態のFABULOUSを吹かせてもらったのですが、やはり当初少し使っただけでも感じていたように、この楽器は使うほどに音が良くなる楽器だと確信しました。だいぶボディーが鳴ってきたのでしょう。新しい状態は、音が「ズドン」とし過ぎているかもしれません。それが長年使い込むことで、ボディーが振動して、鳴ってくるので、だんだんと広がりのあるような音になるように思います。サックスやトランペットと一緒ですね。今までのハーモニカはそのようなものがなかったので、イメージが難しいかもしれませんが、管楽器では常識です。もしFABULOUSの購入を検討している方いたら、試奏した音が全てと思わないで下さい。新しい楽器はまだ赤ちゃん状態の音です。そこから自分で育てるのです!だからもっと良い音になりますよ〜

8月に行くアメリカの「HARMONICA SPAH」の続報や、スズキ社の今後のラインナップの話しもしてきました。話せる範囲で近々書きますね〜。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.