2008/11/29 土曜日

ロンドン、やりっきた!

Filed under: — koei @ 22:48:37

いよいよロンドンも最終日になりました~。
ロンドン、しっかりやりきったと思います!昨日(28日)には、ブレンダンとDave Peabody(Vo&G)のデュオライブにゲスト参加してきました!
このDaveさんという人は、UK Acoustic Blues of the Yearというのを3度受賞しているアーティストらしいです。その人とブレンダンということで、お客さんは予約だけでソールドアウト。一部では途中で2曲ほどブレンダンとのツインハープ。2部では2曲ほど、ブレンダンがはけて、僕とDaveさんのデュオで。そして最後とアンコールでまたブレンダンとのツインハープ、ってな感じでやらせてもらいました!!しっかりウケたよーーー。終わってからいろんな人が声をかけてくれた。
「Harmonica Word (NHL)」というUKのハーモニカ雑誌を作っている人が来ていて、今回の僕の旅の記事を雑誌に載せたいな、と言ってくれました。他にもなぜかハーモニカに詳しいおばちゃんがいて(笑)紹介したい人がいるのよ!とか、ライブ中に僕の吹いてる姿のデッサンをしていたおばちゃんとかいたり(笑)、CDは無いのか?と話しかけてくれる人とか、うん、すごく楽しくて、幸せでした~~~。

1
1
1
1

これからパリでお世話になる人で「清野美土(きよのよしと)さん」という人がいます。彼はハーモニカプレイヤーとして、フランス、そしてヨーロッパ各地で活躍している日本人。日本ではあまり活動していなかったようなので、まだ知られていないのかもしれませんが、3年前からパリに住み、パリのブルースシーン、ハーモニカシーンでは知られた存在。たまたまレコード屋の友達が仲良かったようで紹介してもらったんです。そして、今回の28日のライブにわざわざパリからロンドンに遊びに来てくれました!!どうやら、ブレンダンの長年のファンだったようです。僕もよしとさんにブレンダンを紹介出来て良かったです。3人でジャムセッションして吹きまくって、それはそれは楽しいひと時でしたよ~~

1

ロンドンでもいろいろありました。そして史上最大のピンチにもあったんです!!!
旅の最中に困ることなんてのは日常茶飯事なので、多少の「困った」には全く動じなくなっているのですが、なんと!パスポート、クレジットカード、現金、飛行機のeチケット、いわゆる全財産を一度無くして、というか盗まれたんです!!!!!!!!!!
数日前まで泊まっていたドミトリーのシャワールームで。。。まぁ、完全な僕の不注意で、シャワーを浴びるのに、それを持って行ったのに、シャワー浴びて気持ち良くなったのか(笑)忘れて部屋に戻ってきてしまった!すぐに「あっ!」と思ってすぐにシャワールームに行ったけど、「ないーーーー」
たぶん今までの人生でこんなに目の前が真っ暗になったことは無いかもですね。もうすべてが終わったと思いました(笑)。レセプションに行って「パスポートなくした!全部なくした!」と騒ぎ立てたのですが、注意書きにも書いてあったのですが、「当ホステルで物をなくしても責任はとれません」というのがあったので、「ワォ~、それは大変だ、ひとつひとつの部屋をノックして、聞いて回ってみて」とか、そんな感じ。といっても、巨大なホステルです。部屋の数なんて数えられないくらいある。でもしょうがないから部屋をノックして回っていたら、従業員の人が何か言ってきた、そしてシャワールームに行ってみたら、元のところにあった!!!!そんで中を見てみると。。。。 はい、ポンドとユーロとドルのお札がしっかり盗まれてました~~~。でも、パスポート、クレジットカード、そして日本円は無事だった。そこまで極悪な奴じゃなかったんだね。もう、このときの「ほっとした」感じったら言葉に出来ません!現金を多少盗まれましたが、まぁ、良い勉強代、教訓代ですな。あの時の目の前が真っ暗になる感じを今考えても、ぞ~っとします。たぶん15~20分くらいの物語でしょうか。人生でとっても長く感じた時間だったっす~。でも、完全に僕のミスですからね、誰も責められないというか、非常に恥ずかしい話でございます~~(笑)

今日(29日)はちょっと観光して、夜はブルースバーに行ってみて、明日30日の早朝にパリに向かいますーーー

ロンドンでも、しっかりコネクトしたぞーーーー!!

あと、みなさん、コメント沢山書いてくれて本当に有難うございます。なかなかみなさんに返信コメントが書けないでいますが、しっかり読んでます。疲れているように見えるのかな?でも僕はいたって元気で健康でございます!!!たぶん、心も体も鍛えられているようです!(笑)

あと、ウガンダでの映像をYouTubeにてアップされました!ウガンダでちょっとレコーディングしてみたりしたんですよ!帰国してから、ちゃんとした音源を作り直すつもりですが、ぜひチェックしてみてください。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

2008/11/26 水曜日

ロンドン滞在中♪

Filed under: — koei @ 22:02:45

イギリス入りして、早いもので一週間ほど経ちました。
ブレンダンの家を出てからロンドンに行き、バスステーション(ヴィクトリアというとこ)のインフォメーションで近くのホテルを探して一泊。翌日ピカデリーサーカスという一番の繁華街(ソーホー)にある、バックパッカーの吹き溜まり(その名も「ピカデリーバックパッカーズ」)のドミトリーの超安宿に来ました。疲れもあったし、ヴィクトリアのホテルにもう一泊延長しようとしたけど、予約でいっぱいでダメだった。この日の移動はキツかったー!街を把握するためにも歩いて移動したのですが、雨がガンガンに降ってきて、その雨の中、重い荷物を持ってかなりの距離を歩いた。

111

もうヘロヘロになりながら、ピカデリーサーカス周辺へ到着。この宿は日本にいる時に見つけた宿でしたが、予約はしていなかった。ドミトリーなんか泊まったことないし、不安いっぱいだけどイってしまえ!って感じで受付で申し込み。
数日間泊まってますが、まぁ落ち着くことは出来ませんな(笑)でも、だいぶ慣れちゃったぞ♪自分がどんどん図太くなっていっているのを実感します(笑)もっと若い時にやっていたら良かったなぁ、と思いつつも、「こういうこともやってみたかったんだよなぁ~」とちょっと感慨深いものもありつつ。。。

ピカデリーサーカスに到着したその日の夜に、ソーホーにあるブルースバーで、セッションをやっていたので行ってみた。この店は人気店なのか、お客さんがギュウギュウ!といってもセッションに参加する人はほんの一部で、ほとんどが飲みに来ているお客さん。こういう感じは日本にはないね。ホント、お店は大盛況なのだ。みんな普通に音楽聴いて飲むことを楽しんでる。いいよね、こういうの。しばらく様子を見て、「おいらハーモニカやってるから、吹かせてくれ」と名前を言って申し込む。数曲吹く。普通にウケてましたよ~。曲が終わって紹介されたら大きな拍手と「コーエー」コールも(笑)。イェイ!素直に嬉しかったっす♪終わってからもいろんな人が声をかけてくれましたー。一緒にセッションした人ともパチリ。
111

ブレンダンが、「東京からコーエーが今ロンドンに来てるから、会えたら会ったほうがいいぞ」と、ロンドンのいろんなハーモニカプレイヤーに電話をしてくれました。そしたら、Adam Glasserというクロマチックのジャズプレイヤーがちょうどライブがあるとのことで、行ってみました。なんかの劇場か、ホテルみたいな一角の広場でのフリーライブ。休憩時間に声をかけたら「お~、コーエーかー!会いたかったよ!」と。どこかでチャンスがあったら乱入をしようと思っていたけど、タイミングを逃しました(笑)5時30分、7時、って書いてあったから、てっきり7時からもあると思ったら、7時までという意味だったぁ~。終わってからまた声をかけたら、「入ってくれば良かったのに」って(笑)さすがにライブハウスでもないし、状況がよくわからない中の強引な乱入も難しいっす~。この日は昼にず~っと歩きまわっていたので、かなり疲れていたので、少しだけ話して帰りました。だからAdamとは一緒には演奏出来なかったぁ~。まぁいいか。ちなみに、ファビュラス一式と、貴重品一式を持って(宿がそんな感じのとこだから貴重品を置いておくのは危険)歩き回っていたら、翌日腰が痛くなりました。

11

そして昨日、Julian Jacksonというクロマチックのジャズプレイヤーに会ってきましたー。ブレンダンがジュリアンに電話してくれて、ジュリアンの電話番号ももらい、日本のmellowtoneさんもジュリアンにメールをしてくれていて、完全包囲網です(笑)。勇気を出して電話してみたら留守電。。。その夜にメールをしたら、すぐに返信がありました!
そして翌日家に遊びに行ってきました!コイツがまた面白い奴で、というか典型的なしょうもないミュージシャンというか(笑)彼の部屋に行く前に、パブでまずビール(笑)。そして部屋にいって、セッション!ひとしきりセッションしたりして遊んで、またパブやバーに行って飲みました!そして深夜バスで帰ることに(笑)

11

1

ほかにもPhilip Achilleというプレイヤーにもおいらの話は伝わっていて、どこかで会えると良いけど、今回は日程的にも難しいかもだね。まぁ、別にこれで最後なわけではないし、また来ることもあるだろうからね(笑)

今日は夜に近所でジャズセッションがあるようなので、行ってみようかな~~

街はクリスマス気分で綺麗です。しかし、寒い~~~。たまりません~~

111

2008/11/23 日曜日

バーミンガムからロンドンそしてカンタベリー

Filed under: — koei @ 16:41:16

バーミンガムを出て、約3時間バスに乗りロンドンへ、そしてバスを乗り換え、約2時間。カンタベリーのブレンダンパワーさんのお宅に行ってきました!!

バス停についたら、フードを被った人が突然現れ(雨が降ってた)「Hi, Koei!!」って(笑) 家に行き、荷物を置いてからレストランへ連れていってくれた。そしたら、「この後にライブがあるから一緒に演奏しよう!」って(笑)なんと僕が行くのに合わせて、近所でライブのブッキングをしていてくれたのだ♪ もちろん!ってことで、その後ライブをやるパブへ行ってきました!!

1 1

「今日は東京からスペシャルゲストが来ました!ハモニカのMr Koei!」と紹介していただき、 あとは吹きまくり!イェイ!演奏終わってから、いろんな人が声をかけてくれました。イギリス初ライブ(?)、とっても楽しかったですーーー♪♪

11

翌日の昼には、またブレンダン家でセッションしてましたー。ループさせるエフェクターが気に入ってるようで(僕もこれはいろいろやってみたいと思っていた)、ヒューマンビートボックスを入れてループさせて、ひとしきり遊びました。

1

その後、カンタベリー大聖堂へ連れて行ってくれました。

11

そして街を散策。

1111

僕はカンタベリーの街がとても気に入りました。全部がちっちゃくて、なんか街全体が可愛いのだ♪高い建物は全然無い。大聖堂だけ。

なんか街を歩いていると、お正月の気分になるんだよね。なんでだろう?露店が沢山出てて、でもガサガサしてるわけでもなく良い感じ。なぜかブレンダンは焼栗屋の人と仲良しでした(笑)

そして、ブレンダンのワークショップへ♪そこには完全職人モードのブレンダンが!

111

グレゴアに会った時に、「明日はブレンダンのとこに行くんだよ」と言ったら、じゃあこれを持って行ってくれる~、ってハーモニカを渡されたんだけど、ディミニッシュスケールのクロマチックをちょっと使ってみることにしたみたいで、それの施工中。でも、チューニングを変える箇所を上下間違えたりして、頭かかえてました(笑)途中でアイリッシュの曲とか吹いてくれたり、なかなか至福なひと時でしたよ!

ブレンダンさん、本当にお世話になりました!もう完全にファミリーです!僕もこうやって、旅人が遊びに来て気軽に泊めてあげられるような家が欲しいな~って思いました。おいらも仕事がんばろっと(笑)

ブレンダンさん家の玄関

1

夕方(もう真っ暗だけど)のカンタベリー

1

28日にロンドンでライブがあり、それにもゲストで参加してきます!!! ブルースの弾き語りの人とのデュオらしいので、たぶん数曲くらいの参加でしょうかね。その日までは、ロンドンをぶらぶらしてます~~

2008/11/21 金曜日

ハモニカサンタから放浪のハモニカ吹きへ

Filed under: — koei @ 18:46:44

ハモニカサンタをもっともっと、じっくりとかみ締めて、自分の中で噛締めて熟成させてゆく時間が欲しいのですが、おいらの旅はどんどんと進んでゆきます。
でも、今のうちに言っておきたいですが、僕は「ハモニカサンタ」を今後もライフスタイルというか、自分がやるべき「仕事」として、やってゆきたいと思ってます。もう迷いはありません。もちろん現実的に、そればかりやることは出来ないので、たま~にという感じでしょうけど。
ハーモニカプレイヤーとしては、これから世界中のハーモニカファンを相手に、やってゆきたいと思ってますし、ハモニカサンタとしては、世界のいろんな人達に笑顔のお届けに行くのが、うん!夢です!これからが僕の本当のハモニカ人生です。生きざまです。やっと今まで夢見ていたことを現実にしてゆく時間に入ってきたんでしょうね~。年齢を重ねるって素敵や。

さてさて、僕は今、イギリスのバーミンガムにいます!これが、今回の旅の一番の難関でした。赤道直下からいきなり冬のヨーロッパ。しかも、ロンドン、ヒースロー空港に到着し、そのまま最終バスでロンドンから200km近く離れたバーミンガムへ。そして到着は午前3時。知らない国へ行き、しかも首都などではなく、いきなり地方都市へ行き、ちゃんと目的地の停車場で降りないといけないから気が抜けない。しかもこの冬の最中、真夜中に放り出せれる。大丈夫かなぁ~~~。。。。

いや~、やっぱ、世の中何とかなるもんなんですね(笑)ちゃんと来ましたよ~

バーミンガムの目的は、グレゴアマレが参加するハービーハンコックのライブ!んで、行ってきたぞーーーーー!!!!

場所はシンフォニーホール。いわゆる、普段はクラシックをやっている由緒正しいホールです。日本でもこの手のホールなんて行ったことない。今回のハービーのツアーは、このようなクラシックのホールをメインにやっているのです。そんなところで聴けるなんて貴重だよね。だから、なんとしてでも、ヨーロッパツアーに行ってみたかった。

受付を見つけて、名前を言って、何か適当に「招待で来たんですー」みたいなことをまくし立てていたら、通じたようで、少し待ってから、チケットとバックステージパスをゲット!!しかも2枚分もあった!もちろん一人で行ってるからもったいないことしたけど、グレゴア、有難う。。。ジュリアスを一緒に連れてゆきたかったなぁ(笑)

どんな席だろう~と思って、入って案内係に連れていってもらったら、なんと!最前列のしかも一番ど真ん中!!!!!!うわぁ~~~~~
あのハービーが目の前、数メートルのところでピアノ弾いているよーーー♪途中、グレゴアに手を振ったら、気づいてくれた(^v^)

こっちのコンサートって、写真撮影していいんだね。びっくり。ついでに隠し録音もしちゃった(笑)
もうそれはそれは夢見心地な時間。全部で3時間(!)ほどのライブを堪能しました。

終わってから、楽屋訪問。裏の出入り口ではファンの人達が「出待ち」をしてる。こちらはバックステージがあるので、「どうぞ」と中へ入れてくれた。イェイーー。どうも見てると、今日のライブでバックステージパスを持っているのは僕だけだったっぽい。なんかミョーに嬉しいぞー♪

グレゴアと会って、いろいろお話して(適当な英語でもなんとかなるんだね(笑)途中なんとかなってない部分も多々あったけど、あまり気にしなくなってきた(笑))、写真も撮った。
みんな楽屋が違うから(ベースの人とグレゴアが一緒だった)、ハービーに会うのは難しいそうだな、と思ってあきらめていたら、偶然通りかかったよーーー!!!ラッキー!!グレゴアが「彼はハーモニカプレイヤーのKOEI TANAKAだよ」と紹介してくれて、当然「パチリ!」。グレゴアに写真とってもらったけど、なんか手こずっていたから、おかげでハービーさんとしばらく肩を組んでることに!(笑)ラッキー♪ しかも、このハービーのツアーは今のところ、このヨーロッパツアーのみだけらしい。日本でやる予定は無いとのこと。いや~本当に貴重なものを観れた。しかも一番前のド真ん中で!

下手をしたら、たどり着けないかも~、なんて思っていたバーミンガムだったけど、とてもとても充実した時間でした!!

さて、今日はロンドンに行って、そこでバスを乗り換え、そのまま今度はカンタベリーへ。「ブレンダンパワー」というハーモニカプレイヤーの人の家へ行ってきます!まだ会ったこともないのに、家に泊めてくれるんだって~~。嬉しい。。しかもバス停に向かえに来てくれるって、あのブレンダンが(笑)。いつも、何度も「会えるのを楽しみにしているよ」とメールに書いてくれる。

以前のブログでは、ブレンダンのお父さんの具合が悪く、UKでは会えなくなったと書きましたが、お父さんの具合がよくなり、会えることになりました。英語でどこまでコミュニケーション出来るのか、さっぱりわかりませんが、楽しみですーー!!行ってきます!

ハモニカサンタはこれから放浪のハモニカ吹き、スナフキンに変身です♪

しかし、ほんの昨日まで、鼻水たらしたちびっこ達と一緒にいたのに、この急激な展開。

現実は僕の妄想をどんどん超えてゆき、もう何も想像出来なくなってます。

1 111

2008/11/19 水曜日

アフリカの天使達がハモニカ吹いた♪♪

Filed under: — koei @ 21:35:34

1
2
3

どこの学校でも、ウェルカムソングとダンスを披露してくれるんです!
4
5

ギャラの豆(笑)
6
8

ライブだけでなく、各学校で先生や生徒達へハモニカを教えました。物を渡すだけではダメで、使い方を教えないと意味ないですからね。これから発展させていくためには。

9
10
11

黒板に名前の入ったメッセージを書いて迎えてくれた。嬉しい。
12
13

ストリートミュージシャンに乱入して、遊んでみた。

14
15
16
17
18
19
1

伝統芸能のショーでも乱入してみたり(笑)
19
1
1
1
1
1
1

赤道です!

111

ここはストリートチルドレンの施設。学校にハーモニカを渡した後(個人の子にあげてるのではなく、学校自体に寄付してるという形なのです)まだストリート上がりのまもないような、いかにも悪そうな奴が僕の耳元で小さな声で「Hey, Give me Harmonica」と何度も言っていた。嬉しかった。。。前まで、金をくれ、と言っていたのが、この瞬間は奴のほしいものはハモニカだったんだもんね。

111111111111111111

次ページへ »

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.