2008/9/3 水曜日

ハモニカ行脚、大阪・名古屋セミナー無事終了☆

Filed under: Daily — koei @ 2:32:30

はもにか行脚、無事終了し帰ってきました〜♪
まずは、大阪、名古屋のセミナーに参加していただいた方々、本当にどうも有難うございました♪そしてお疲れさまでしたー!!

今回のセミナーはなんだか気合いが入ってしまいましたね〜〜。各セミナーは2時間の予定だったのですが、全て2時間30分くらいになってしまった(笑)お忙しいみなさま、申し訳ないです。。。といっても、ダラダラとやっていたわけではないですよ〜(セミナーに参加した方はわかってると思いますが)。貴重な機会なので出来るだけ沢山のことをお伝えしたくて、ついつい。まぁ、音楽は「情熱」ってことでお許しを!(笑)
特に大阪・三木楽器は僕が最初にハーモニカで仕事をした場所。長い年月をかけて、ぐる〜っと一周してきたのかなぁと思うと、なんとも感慨深く、そして熱くなってしまったのだ!

しかしみなさんの集中力はすごかったですね!!みんなで音を出して、「それでね」とか話し出すとピタっと吹くのを止めて僕の次の言葉を一字一句逃さず聞く姿勢に。その真剣な眼差しは怖いくらいでしたよ(笑)

人数的にもホント沢山の方に来ていただきました。大阪はクロマチックと10ホールズの両方をやったわけですが、その両方を受講していただいた方も多々。非常に嬉しい♪両方合わせて約5時間ですよ!!(本来は4時間のはずなんですけどね(笑))
出来ればクロマチックも10ホールズも分け隔てして考えず、両方やっていただきたい。「ハーモニカという楽器を演奏する上で大事なこと」がより深く理解出来ますよ〜。

実に濃いセミナーになったと思いますが、奥の深いハーモニカを1日で説明するなんてやっぱ無理だよ(笑)おかげさまで評判も良かったようで、今後もやりましょう!という話になっています。今回はみなさんとの出会いの日。ですから今後もよろしくお願いしますね!!またみんなで会いましょうね!!あっ、その前にライブしに行きたいなぁ。その際も是非♪♪

噂を聞きつけて、友達も数人会いに来てくれました〜〜!しかもみんなアポ無しで突然に来て、どさくさにまぎれてセミナー見学(笑)さすが大阪や〜。
僕の大事な仲間達です。紹介させて下さい。是非ライブに遊びに行ってみて下さいね〜〜

「マッドハープ」加藤さん。
大阪が誇るコテコテに「いなたい」サザンハーピスト(南部スタイルということ)。かなり久々にも関わらず「まいどぉ〜、元気でっか?」と突然ふらふらと控え室に現れた(笑)。思わぬ再会嬉しかったなぁ〜。「それじゃ」と帰る後ろ姿がなんといっても「サザンスタイル」でしたよ(笑)ふらふら、ふわふわ。音楽的スタイルは「ライフスタイル」から生まれるものなのだと痛感。

周平君(長岡周平)というブルースギターリストもふらっと登場〜。
CHIHIRO QUINTETやSILKY SMOOTH BLUES BANDというグループや南森町の「シカゴロック」という店でセッションリーダーなどやっている模様。東京へもたまにライブしに来ていて、ちょっと前に彼にライブに乱入した〜。

「ソーボク」くんも登場〜(現在三木楽器で10ホールズの講師を務めている)
彼とはもう10数年ぶりの再会☆お互い昔は無茶なこと(乱入)をやっていたよねと(笑)

「珍獣王」こと山下純一さん(セミナーが長引いてしまいお話しすることが出来ませんでしたが)。彼は京都を中心に活躍している盲目で車椅子のボーカル&ハーモニカ奏者。現在ラジオのパーソナリティーも務めてる模様。

「余談」

ちなみに29日に大阪入りして「玉造」で下車して「鶴橋」までぶらぶらした。僕はこの町に住んでいたの。「昔の我が家」はまだあるのかな〜、もう無くなっちゃったかなぁ〜ドキドキ。。。

あったーーーー!!

ここまで来たら部屋の前まで行きたいなぁ、でもちょっと怪しいよな〜・・・ しばし思案。「そうだ!トイレに行こう!」

ここは実に変なとこで、「OOOマンション」とデカデカと書いてあるのですが、共同トイレなのだ!(笑)それぞれの部屋のドアも木だし(笑)どこがマンションやねん。なんとも胸を「キュン」とさせながら用を済まし(笑)鶴橋駅へ。串焼き屋でビールを飲み至福。その後、友達であり、昔のバンドのボーカルでもある我がソウルブラザーの北川君の家へ(大阪へ行くといつも泊めてもらう)。
そこへブルースギター&ボーカルの「チヒロ」(栄ちひろ)が遊びに来てくれた〜〜。もう10年ぶりくらいか。でも会った途端「全然久々な気せぇへんなぁ〜」と(笑)みんな全然変わっていないな。CHIHIRO QUINTETを引き連れ活躍してる模様。頭の先からつま先までブルースな奴です♪

9月1日は浜松のスズキ楽器へ来社。

長くなってしまったので、これは次回にしましょう〜!かなり興味深いことの数々でしたよ。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.