2008/9/7 日曜日

スズキ家訪問日記♪

Filed under: Harmonica — koei @ 23:20:15

6日の中目黒・楽屋ライブ、お越しいただいたみなさま、本当にどうも有難うございました!!おかげさまでまた満員状態でバンドメンバー共に喜んでおります。先日のセミナー同様に、2部ではかなり時間オーバーしちゃったねー、1時間半くらいやってたもんね(笑)。次回の楽屋ライブは10月21日(火)です。今度はグレイトなギターリスト「小畑和彦」さんがゲスト参加いたします。そして今年最後の光栄バンドでのライブになります。平日でお忙しいとは思いますが、是非また遊びに来て下さいね!

さて、スズキ楽器製作所訪問日記です。

9月1日の13時過ぎに浜松のスズキ本社到着。そこから19時半くらいまで6時間以上ぶっ通しで、営業、開発、貿易(アメリカ担当)の連中とひたすらハモニカ談義(笑)給食室で(笑)

現在開発中のクロマチックハーモニカの試作品の数々を試奏。まだ試作も試作段階なので、詳細はお話し出来ませんが、比較的購入しやすい価格帯での、高いクオリティーの物です。かなり期待大!!今から言っておきますが、これが出来た時には僕はファビとこれを使い分けて演奏することになるでしょう。ファビは素晴らしいハーモニカですが、樹脂製ボディーの音色が欲しいときも実は結構あるのです。ファビの設計思想をふんだんに活かしながらも、また別の魅力あふれる商品になること間違いなし!みんなで期待しましょ!(と、開発陣にプレッシャーをかける(笑))

材質の違う物でいくつかのバージョンを試作中。当然どれも微妙に音色、吹き心地が違います。新しい物を開発する際にはいつも付きまとう問題ですが、どれがベストなのかの判断に困る困る。「いっそ、2バージョン出しちゃう?」最近の社内で良く出てくるセリフ(笑)外部の人間から見てても、そりゃ〜無謀過ぎるだろ!スズキさん!(笑)
でも、さんざんこれらを試して、最後に僕がカスタマイズしたSCX64を吹いたら全員一致で「それ、すごいイイー!」と(笑)この「カスタマイズSCXを越える」こともテーマの一つになりました(笑)自分で改造したものがメーカーの人間を唸らせたことが単純に嬉しいおいら(笑)

10ホールズの現在設計中のものも試奏。これがまたかなりゴキゲン!無事に(?)1本「くすねて」きたので、なにかの折にライブで吹いてみよっと♪

そして、先日行われたアメリカでの「HARMONICA SPAH」の映像を説明してもらいながら鑑賞。プロもアマチュアも関係なく一緒のステージに上がる。いいよね〜!こういうのはすごく良いと思う。アマチュアと言ってもみんな上手い!バーでのジャズセッションでは、プロが吹いているところに、「俺にもソロ吹かせろ」とおじいちゃんとか普通に乱入(笑)実にいい♪ウィリアムギャリソンも吹いてましたよ〜。そのセッションでFABULOUS(クロマチック)の試奏も兼ねて吹いている人達も沢山いましたが、「これ持ってみろよー」といろんな人に手渡しして笑い合う姿がありました(笑)どこでもやること一緒だね(笑)この重さは万国共通に笑えるのだ!
もちろん、ファビちゃん好評だったようですよ〜♪もうこれしか使わない!と、かなり気に入っちゃった人も結構いたとのこと♪正式なアメリカ上陸後が楽しみですね。

しかし、印象的なのは10ホールズの傾向です。確実にどんどん進化しているね。かなり刺激を受けた。
ジョーフリスコというカスタマイザーゆかりの人達が演奏するコーナーがあったから特にそうなのでしょうけど、ハーモニカのプレイがうんぬん、というよりも、音楽性がめちゃくちゃ幅広い。ブルースやジャズは当然で、いろんな人がいろんな音楽を奏でてました。オーバーブローなんてもうベンドと同じような当たり前のテクニックになったね。もちろん、オーソドックスなブルースシーンなどに行けば、また全然違うのだろうけど、それだけ10ホールズは楽器として着実に発展してゆき、さまざまなタイプのプレイヤー、音楽を生み出すまでなったのでしょう。とても良いことです。
近年、僕はクロマチック寄りでしたが、10ホールズをまた掘り下げてみたいなと思いましたね〜。やはり10ホールズも面白い!!
それに較べると、クロマチックは発展的という部分において、正直10ホールズに遅れをとっているね。現在、ジャズなどを「普通」に吹きこなす人は沢山いるけど、それ以上の人はまだまだ圧倒的に少ない。上手い人はいても「面白い人」「興味深い人」が極端に少ないのだ!!グレゴア・マレやガブリエル・グロッシみたいな新しいタイプがもっと増えるべきだね。もちろん、僕もその界隈をなぎ倒しに行きたいわけだが(笑)当然、音楽性が面白いだけでもダメで、演奏力が上等じゃないと話にならないので、そこが難しい部分ですね。

貿易の方は映像に映る人達のほとんどの人としゃべって来ているほど積極的な人で、相当にいろんな情報を持って帰ってきている。現在のアメリカハーモニカシーンについていろんな話を聞いた。そう、世界のハーモニカシーンのあれこれを知っているのは日本では「スズキ」の人達だけなのだ。今後も様々なことをしかけようと計画中の模様。もしもこれらが実現してゆけば、相当すごいことになるぞ〜(ハモニカマニアが聞いたら、ワォー!!というようなことも…)。これからのスズキは楽しみでしょうがない。

FABULOUSというグレイトなシリーズを生み出した直後にも関わらず、すでにNEXTを考えているスズキ家。ホーナーや世界中のハーモニカメーカーがこれからスズキにどんどん探りを入れてくるのは目に見えてますな。アメリカでも「毎年のように新しい物を作って、クオリティーを上げてくるのはスズキだけだ」と賞賛の嵐だったらしい。つくづく今の段階でスズキ家に乗り換えて良かったなぁと思う。もう一歩遅かったら、今のような付き合いにはなっていなかったでしょう。行脚中は営業のYさんと毎晩飲んだ(笑)現状、ハーモニカを中心にいろんなとこに飛び回るような営業をしている人はこのYさん一人だけらしい。だから今回こうやって二人で行動出来ることが相当嬉しかった模様(笑)

余談ですが、FABULOUSの真鍮ボディーのある部分を真っ平ら状態にするのに、開発の人が一人で一つ一つ手作業でコツコツと片面30分以上かけて磨いているとのこと。これでは生産効率があまりに悪いからどうにかならんのか!との意見もあるようで模索中。鉄工の職人のボスがほんの数分削っただけのバージョンと比較させてもらったが、やはり70%くらいのクオリティーだった(数分削っただけで70%まで持っていくボスの腕も凄いが…)。やはり現状のやり方では手間は完全にクオリティーとリンクしている。本当にファビって手間のかかる子なのね。大切に使いましょう〜。でも効率を上げる方法も考えるべきやね。

今回あらためてスズキは良いなと思ったこと。それは「こういうのを出したら売れて儲かるだろう」(良くない意味のね)という視点から始まるのではなく、「こういう感じのものを作れればさらに良いハーモニカが出来るんじゃないか」という視点から全て始まっていること。普通、企業はこの二つの間で揺れ動きながら商品を作り、商売するのだろうけど、スズキに迷いは一つもありませんでした。凄いの作るか、つぶれるかどちらかです(笑)漢(おとこ)だね〜。

とりあえず、営業はもう一人増やした方がいいと思います(笑)

2008/9/5 金曜日

明日6日の中目黒・楽屋(らくや)ライブ、よろしくです♪

Filed under: ライブ情報 — koei @ 15:17:19

あまりにも直前ですが、明日9月6日(土)の中目黒・楽屋(らくや)での光栄バンドでのライブ、是非みなさん遊びに来てくださ〜い!よろしくお願いしますーー

今年は11月からしばらく旅人になる予定を考えております。ですから、光栄バンドでの今年の残りのライブは早いもので、9月6日と10月21日の2回だけになってしまいました(笑)(10月3日のライブは普段とは違う感じだと思うのでカウントせず) ですから、なるべく沢山の方に来ていただきたいですー!旅の内容については今度書かせて下さいね。アフリカ(ウガンダ)にちょっと行ってみるだけのはずが、ある意味世界一周になっちまいそうです(笑)もちろんハモニカ持ってね!

昨日は上町63で「田中信正」さん(P)との初めましてでデュオライブでした!

いや〜〜、奇才でした!!(笑)かなりの奇才。良い意味ですごく変な感じ(笑)素晴らしいプレイヤーです!!西村和彦さんとは違う形での天才肌タイプですね。ピアノを弾いている姿が、「なんか見たことある感じなんだよなぁ〜」と考えていたら、「SHINE(シャイン)」 という映画のピアノ弾きとエライかぶったのだ(笑)この店で紹介してもらう人はみんな超個性的。化学反応バンザイ!(笑)

ハモニカ行脚「スズキ楽器製作所・会社訪問編」は近日中にアップしますー☆

2008/9/3 水曜日

ハモニカ行脚、大阪・名古屋セミナー無事終了☆

Filed under: Daily — koei @ 2:32:30

はもにか行脚、無事終了し帰ってきました〜♪
まずは、大阪、名古屋のセミナーに参加していただいた方々、本当にどうも有難うございました♪そしてお疲れさまでしたー!!

今回のセミナーはなんだか気合いが入ってしまいましたね〜〜。各セミナーは2時間の予定だったのですが、全て2時間30分くらいになってしまった(笑)お忙しいみなさま、申し訳ないです。。。といっても、ダラダラとやっていたわけではないですよ〜(セミナーに参加した方はわかってると思いますが)。貴重な機会なので出来るだけ沢山のことをお伝えしたくて、ついつい。まぁ、音楽は「情熱」ってことでお許しを!(笑)
特に大阪・三木楽器は僕が最初にハーモニカで仕事をした場所。長い年月をかけて、ぐる〜っと一周してきたのかなぁと思うと、なんとも感慨深く、そして熱くなってしまったのだ!

しかしみなさんの集中力はすごかったですね!!みんなで音を出して、「それでね」とか話し出すとピタっと吹くのを止めて僕の次の言葉を一字一句逃さず聞く姿勢に。その真剣な眼差しは怖いくらいでしたよ(笑)

人数的にもホント沢山の方に来ていただきました。大阪はクロマチックと10ホールズの両方をやったわけですが、その両方を受講していただいた方も多々。非常に嬉しい♪両方合わせて約5時間ですよ!!(本来は4時間のはずなんですけどね(笑))
出来ればクロマチックも10ホールズも分け隔てして考えず、両方やっていただきたい。「ハーモニカという楽器を演奏する上で大事なこと」がより深く理解出来ますよ〜。

実に濃いセミナーになったと思いますが、奥の深いハーモニカを1日で説明するなんてやっぱ無理だよ(笑)おかげさまで評判も良かったようで、今後もやりましょう!という話になっています。今回はみなさんとの出会いの日。ですから今後もよろしくお願いしますね!!またみんなで会いましょうね!!あっ、その前にライブしに行きたいなぁ。その際も是非♪♪

噂を聞きつけて、友達も数人会いに来てくれました〜〜!しかもみんなアポ無しで突然に来て、どさくさにまぎれてセミナー見学(笑)さすが大阪や〜。
僕の大事な仲間達です。紹介させて下さい。是非ライブに遊びに行ってみて下さいね〜〜

「マッドハープ」加藤さん。
大阪が誇るコテコテに「いなたい」サザンハーピスト(南部スタイルということ)。かなり久々にも関わらず「まいどぉ〜、元気でっか?」と突然ふらふらと控え室に現れた(笑)。思わぬ再会嬉しかったなぁ〜。「それじゃ」と帰る後ろ姿がなんといっても「サザンスタイル」でしたよ(笑)ふらふら、ふわふわ。音楽的スタイルは「ライフスタイル」から生まれるものなのだと痛感。

周平君(長岡周平)というブルースギターリストもふらっと登場〜。
CHIHIRO QUINTETやSILKY SMOOTH BLUES BANDというグループや南森町の「シカゴロック」という店でセッションリーダーなどやっている模様。東京へもたまにライブしに来ていて、ちょっと前に彼にライブに乱入した〜。

「ソーボク」くんも登場〜(現在三木楽器で10ホールズの講師を務めている)
彼とはもう10数年ぶりの再会☆お互い昔は無茶なこと(乱入)をやっていたよねと(笑)

「珍獣王」こと山下純一さん(セミナーが長引いてしまいお話しすることが出来ませんでしたが)。彼は京都を中心に活躍している盲目で車椅子のボーカル&ハーモニカ奏者。現在ラジオのパーソナリティーも務めてる模様。

「余談」

ちなみに29日に大阪入りして「玉造」で下車して「鶴橋」までぶらぶらした。僕はこの町に住んでいたの。「昔の我が家」はまだあるのかな〜、もう無くなっちゃったかなぁ〜ドキドキ。。。

あったーーーー!!

ここまで来たら部屋の前まで行きたいなぁ、でもちょっと怪しいよな〜・・・ しばし思案。「そうだ!トイレに行こう!」

ここは実に変なとこで、「OOOマンション」とデカデカと書いてあるのですが、共同トイレなのだ!(笑)それぞれの部屋のドアも木だし(笑)どこがマンションやねん。なんとも胸を「キュン」とさせながら用を済まし(笑)鶴橋駅へ。串焼き屋でビールを飲み至福。その後、友達であり、昔のバンドのボーカルでもある我がソウルブラザーの北川君の家へ(大阪へ行くといつも泊めてもらう)。
そこへブルースギター&ボーカルの「チヒロ」(栄ちひろ)が遊びに来てくれた〜〜。もう10年ぶりくらいか。でも会った途端「全然久々な気せぇへんなぁ〜」と(笑)みんな全然変わっていないな。CHIHIRO QUINTETを引き連れ活躍してる模様。頭の先からつま先までブルースな奴です♪

9月1日は浜松のスズキ楽器へ来社。

長くなってしまったので、これは次回にしましょう〜!かなり興味深いことの数々でしたよ。

« 前ページへ

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.