2008/7/25 金曜日

身の引き締まる思いでございます☆☆

Filed under: Harmonica — koei @ 1:34:12

最近、地方の方が単発レッスンを受けに訪れてくれています。先週は山形県から来た方が。来週には福岡県からも来る予定。そして今日、アメリカに住んでいる方が来ました!!もちろん僕のレッスンを受けるためだけに来日したわけではないですが、ビックリですよね〜〜!!以前から何度かメールでやり取りなどしていた方ですが、ドアを開けて開口一番「Hi!アメリカから来ましたよー!!!こんなに遠くから来た人はいないでしょーー!!」と(笑)そりゃそうですよね(笑)

その方はクロマチックハーモニカプレイヤーで、当然Toots LOVE!な方です。西海岸の方にお住まいのようですが、近くではあまりクロマチックハーモニカ愛好家は少ないとのこと。というか、「ハーモニカに何が出来るの?」みたいな感じで、ハーモニカに対する理解も薄いのが現状らしい。う〜〜ん、アメリカでもハーモニカに対する印象ってそんな感じなんですかね〜〜。チキショー!

3時間ぶっ通しのレッスン。個人のレッスンでそこまで長いのは初めてですね。でも、ご自身でかなりトゥーツを研究、追求している方で、ちゃんといろんな曲をコピーしていました。素晴らしい♪ 普通に吹いてはトゥーツの音は出ない、こういう感じでコントロールをするとトゥーツのような音が出るんですよ、とか、トゥーツはこうやってビブラートかけてますよ、とか、「このフレーズがわからない」という部分を聴かせてもらって、これはきっとトゥーツはこういう音使い(スケール)を意識して、こういう考えの元にこのプレイをしてると思いますよ、とか、そしていくつかのキーで、アドリブをやる際の、クロマチックハーモニカならではのアドリブフレーズの作り方のコツなどの説明などなど。非常に濃い〜〜〜内容で進みました(笑)。そして最後にとっても面白いDVDを持参のパソコンで見せてくれたんです!トゥーツが自分の生い立ちや、学生達と一緒にジャズを演奏して、それに対するアドバイス(というかもっと練習しろーー!みたいな厳しいもの(笑))とか、自分のブレイに対する説明とか、いろいろーーー!!このDVD絶対欲しい!!日本でも発売してるのかな?(題名聞くの忘れた)日本語訳されたものとか出るのかな?その人が「私が翻訳したい」と言っていましたが、まさに、ハーモニカの事がわかっている方に翻訳してもらいたいものですよね〜!!

今日はその後もずっとレッスンがあったので、これにてお別れでしたが、今後も何かとお付き合いしてゆきたいものです。ハーモニカの事をよくわかっている方に翻訳とかいろんな協力をしてもらって、世界に発信してゆきたいものもあります。いずれお宅に遊びに行っちゃおうー(笑)

山形の方、福岡の方もそうですが、いろんなところにいろんなハーモニカ愛好家がいるんですね。僕は嬉しいです。もっともっとハーモニカを広めたい!着実にハーモニカ好きな人は増えているゼ!そしてこんな熱い人達が訪れてくれることに対して、こちらも本当に身の引き締まる思いでございます☆おいらもこの人達に負けないようにがんばらないと☆

そして、そして、とってもタイムリーだったのですが、非常に身の引き締まることがもう一つ。

SUZUKI FABULOUSの海外向けのカタログがもうすぐ完成するとのことで、データが送られてきたんですが、そこに僕のコメントと紹介が載っているんですよ!!Wow〜〜〜!!これは正直気合いが入ります!!
そのカタログに載っているのは、クロマチックがグレゴア・マレ(パットメセニーグループ、マーカスミラーバンド、その他いろいろ)と、おいら。10ホールズがミッキー・ラファイル(ウィリーネルソンバンドやエルトンジョン、U2、リンゴスターとかの録音に参加してる人)とブレンダン・パワーの4人です。うわ〜〜〜〜。

以前から、ハーモニカ界ではいずれは世界に向けて知られる存在にならないと、この先ずっとやっていくことは困難だろうと思い、常に世界に照準を合わせて、自分のプレイを考えて、そして追求してきました。まさにそれに向けての第一歩が始まっちゃったんですね。このカタログは世界(英語圏かな)にバラまかれるわけですから、特に欧米のハーモニカ愛好家の人達には僕の名前も知られるわけですよね。うわ〜〜〜〜。。。

でも!!

「Made in Japanのスズキハーモニカは最高だし、日本にはKoeiというナイスプレイヤーもいるんだなー、日本はハーモニカの国だな!」と言わせてやるさ!(アルバムとかも作らないと。。。)

このHPのURLも載るので、英語版のページも作らないといけませんね。すみません。作り方わかりません(笑)。みなさまご協力お願いします!

ハモニカ吹きとして胸をはって生きてゆきたい。そして「ハーモニカプレイヤーになるのが夢です」という人が現れる世の中を作っていきたい。スズキ君とタナカ君はがんばります。

2008/7/22 火曜日

ライブ有難うございました&スケジュールアップしました〜

Filed under: Daily — koei @ 19:14:30

昨日の上町63での津村和彦さんとのライブ、お越しいただいたみなさん、どうも有難うございました!!

さすがマスターの紹介だけあって、奇才でした!(笑)どのようなギターを使うのかも知らなかったのですが、ガットギター(クラシックギター)でしたー。僕はガットギター、好きなんですよね〜。実は最近自分でも良いガットを買っちったばかりだったんだぁ〜(^^)。津村さんのガットギタープレイは、甘くも非常に力強い、繊細にして超大胆(笑)。ギターで出来る限りのダイナミクスを駆使したプレイ。

1部はジャズ、2部は僕のオリジナル中心。自分のオリジナルを津村さんが弾くことでまた違う風景を見させてくれました。今後も自分のオリジナルを色んな人とやってみたいですね。共演する人によって、自分の曲がどんどん育っていく感じがして、自分の知らなかった側面が見えたりして、非常に刺激的です。ジャズのプレイに関しては、僕があれこれ言うのはおこがましいでしょう〜〜〜。ギターソロは聴いているとどんどん引き込まれてしまう魔力のあるプレイで素晴らしく奇才でした(笑)

津村さんとは9月12日にも日暮里Bar PORTOでライブやることが決定♪今回でお互いの手の内がだいぶ分かり合えたので(笑)さらに発展した深い感じになるでしょう。 今後楽しみです♪

そして、予告した平原綾香の「明日」吹きました。。。 必死に涙をこらえながら演奏。吹き終わった途端に涙が溢れそうになり、一瞬しゃべれませんでした。。。そうなるのはわかっていたので、一番最後に演奏しました。。。これからも演奏したい曲です。

この曲、ハーモニカにとても合っています。というか、僕自身のプレイに合っています。マスターの予感的中です(笑)自分で曲を作る際に、参考になる部分が沢山ちりばめられていました。例えば、泣きのメロディーだからハーモニカに合う、とかそんな簡単なもんじゃないんです。自分なりの「歌い方」とメロディーが上手くリンクしてくれないと、深みのある演奏は出来ない。それを普通は、自分流に崩して演奏することが多いのですが、本当は出来るだけ、作者の作ったそのメロディーを崩したくない。体半分はハーモニカ奏者ですが、半分は作曲家だと自分では思ってるので(笑)。崩さずにピタっと合う曲というのは、案外少ないもんです。

ハーモニカやっている方、出来るだけ作曲をすることをオススメします!曲を作ることで、演奏は確実に変わりますよ!より深く、メロディーを理解して吹けるようになりますから。

20日は松本道香ちゃんのCD発売記念ライブに少しだけですが、参加してきましたー。ここの社長と道香ちゃんとは、飲み友達って感じなので、二人がドキドキしながら当日を向かえている様子を見ていて、こちらまでドキドキしてしまったよ(笑)。 これからも是非がんばっていただきたいものです!
松本道香HP

そして、スケジュールいろいろアップしました〜〜〜!!ライブスケジュールはもちろんいろいろあるんですが、注目は8月30日に大阪、8月31日に名古屋とセミナーの旅をすることです!!!

大阪はMIKIミュージックサロン心斎橋、名古屋はヤマハミュージック名古屋店。

大阪は三木楽器のトップページから詳細見れます!
三木楽器

もちろん、スズキ・FABULOUSの紹介を含めたセミナーです。名古屋ではミニライブもあります!(大阪はミニライブは無いですが、セミナー内で演奏もします)

FABULOUSの音をみなさんに体感していただきたいですね〜〜〜!!是非気軽に遊びに来る感じで参加して下さい!!大阪はクロマチックと10ホールズ両方。名古屋はクロマチックのみです。 当日はスズキハーモニカの試奏も出来ますよー。

僕に質問などしたい方いたら、当日に何でも質問して下さいね。沢山の方に来ていただきたいので、今後も随時告知するつもりです〜。

2008/7/21 月曜日

良いライブになる予感

Filed under: ライブ情報 — koei @ 14:12:58

あと数時間後ですが、今日の津村和彦さんとのライブ、たぶん良い時間になる予感がします。

前から上町63のマスターから「平原綾香の「明日」(優しい時間の主題歌)を田中君が吹いたら、絶対良いと思う。いずれやってほしい」といつも言われていたんですが、CDを借りて聴いて、今、ハーモニカで吹いていたら涙が出てきました。今日やります。

今日、なんだか気持ちがブルーなんです。別に深い意味は無いんですが、そんな時もあったりするのです。こんな時はハーモニカが吹きたくてしょうがない。ハーモニカ吹くことでしか、今を過ごすことが出来ない。こういう時は本当に良い音が出るの。だから今日、ウルウルしながら演奏してると思います。

行ってきます!

2008/7/17 木曜日

21日、津村和彦さんとのDUOです♪♪20日は松本道香ライブ参加♪♪

Filed under: ライブ情報 — koei @ 19:27:31

ちょこちょことライブがあると、お客さんの入りはすごく心配になってしまいます。

だもんで、ちと宣伝を。

7月21日(月・祝)横浜「上町63」にて、ギターの津村和彦さんとデュオのライブです♪

このお店のマスターは実に個性的な方で、「自分の気に入った人のライブしかやらない!」という頑固一徹な方。 店の場所もわかりにくい、店も一瞬入りにくい雰囲気、と、商業的音楽の場と対極にあるようなとこ(笑)隠れ家的な、というか、かくれんぼには最適なお店です(笑)

とはいえ、全然難しい人なわけではなく、とっても楽しいマスターで すよ〜。

そんな マスターの紹介で行うセッションライブです♪津村さんとは初共演。一度お店で挨拶交わしたことあるだけ。演奏は聴いたことありません。でもこのマスターの紹介だから、奇才であることは間違いないでしょう(笑)ジャズ界のそうそうたるメンツ、グループで活躍されてきた方のようです。最近では定期的に共演しているギターリストは小畑和彦さんだけなので、非常に楽しみですね♪

ん??

なんか、僕のまわり「和彦」さんばっかりだ!(笑)

西村和彦さん、小畑和彦さん、津村和彦さん。

和彦さんは奇才だらけですね(笑)

なにが起こるかさっぱりわからない。デュオなので、お互いの音と音だけで、その場で会話が発展してゆくライブになるでしょう!みなさんと一緒にハプニングを楽しみたいので、是非「目撃」しにきて下さい〜〜  どっぷりとジャズ・ハーモニカな演奏にしたいと思います♪いつもより時間が早めなので注意して下さい(19時スタート)
start:19:00〜 charge:¥2,700
横浜市中区相生町5-95 トラストワンビルB1F
(みなとみらい線馬車道駅博物館から徒歩約3分、JR根岸線関内駅、桜木町駅から徒歩約5分)
TEL:045(662)7322
上町63

そしてその前日の7月20日(日)には松本道香(Vo)レコ発ライブ(目黒「音の箱」)のサポートをやります〜〜

最近ではボーカリストとの共演が少ない僕ですが、ボーカリストのサポート演奏って難しいんですよね〜〜。どうすれば歌が引き立つ演奏になるか、を考えることが何よりも大事なのです。
少しの曲しか参加しませんが、興味のある方、遊びに来て下さいねー。
道香ちゃんとここのレーベルの社長とは、ほとんど飲み友達状態で(笑)今まで何度も飲みに行きましたが、考えてみればちゃんと一緒に演奏するの初めてだわ(笑)R&B系です。

品川区上大崎2-16-3 クリスタル羽山6F (JR目黒駅東口 徒歩2分 )
Tel/Fax. 03-3445-8569  ¥3500(ドリンク・フード別)
オープン 18:30 スタート1st 19:00〜 2nd 20:30〜
松本道香HP

2008/7/16 水曜日

ちびっこファビちゃん(FABULOUS.F-20)キー増えてきました☆

Filed under: Harmonica — koei @ 13:16:28

先日、10ホールズのFABULOUS「F-20」のキー「G」と「D」が届きました♪

現在、手元にあるF-20は「C」「D」「G」「A」というラインナップになりました(いずれも平均律)。いくつかキーが揃ってきたんで、ちょっとレポでもしてみましょう。

カタログ等のコメントを書いた時点では、まだ「C」しか吹いていませんでした(というかCしか製造されていなかった)。だから高いキー、低いキーは実際、どんな吹き心地、音色なのかなぁ〜と想像を膨らますだけでした。

低いキー(「G」「A」)

ファビちゃんクロマチックの低音域にかなり好感を持っているので、10ホールズでも、低いキーは絶対良いだろうなと思っていましたが、想像通りの出来でしたね♪非常に粘り気のある、濃厚な音色です。かすかな息から反応するので、他の10ホールズでは無理だろう〜ってなピアニシモでも演奏出来る!そこから近所迷惑なくらい大きな音も出る(笑)。ベンドのかけ易さは、現在間違いなくトップでしょう!そして、このような低いキーを使い、1番吸音で、極太な音を出す時、口の中やノドの形、それにまかなうちょうど良いバランスの呼吸をコントロールしなければならないのですが、そのポイントを見つけやすいのです。だから太い音が表現しやすい!ちびっこファビちゃん(F-20)低いキー、はい!合格です!(笑)

高いキー(「D」)

現時点の手持ちではDが一番高いキーなわけですが、まだCしか吹いていない時には、「もしかして高いキーは、キンキンする場合もあるかもしれないな」と正直少し不安もありました。んでDが届き吹いてみると・・・ はい!ちびっこファビちゃん高いキーも合格です!(笑)
全然キンキンしないじゃん!しっとり感のある、実に落ち着いた音です♪ファビちゃんファミリーに共通していることなのですが、とても「ウェット感」があるんですよね。高いキーになるほど、たいがいのハーモニカは「温度が下がったような音」というかドライな感じがしやすいものです。でもコイツはウェットで温度高め。暖色系です。色っぽい音とも言えるでしょう。もちろん、真鍮ボディーゆえの、金属的な重厚さもあります。でも全然嫌みな音にはなっていません。

この調子でいくと、キー「F」でも、バッチリでしょうね。そしてオーバーブローのかけ易さは尋常じゃないです。
今までのコメントでは、バンドなどの大音量の場で、パワフルに吹く時に威力を発揮するでしょう、みたいな感じで書きました。もちろん、その感触は現在も変わりませんが、アコースティックな場でも、結構イケそうだなと感じております。というのは、今まではCしか持っていなかったので、あまりそればかり吹くわけでないので、F-20の吹き方が身に付いていなかったんでしょうね。(F-48、F-64はずっと吹き続けているので、完全にそれに則した吹き方を身に付けたので、アコースティックにもラウドにも大丈夫)
今までの10ホールズの吹き方で吹いているだけではF-20の魅力の全ては表現出来ないとわかりました。オールジャンルというか、どんな音にも対応しますね、これ♪でもPURE HARPの音色も好きなので、併用しますが。

ここで面白い使い方を紹介しましょう!!

スズキの商品は全て、リードプレートだけでも購入可能です。F-20のリードプレートだけを買い、PURE HARPやFIRE BREATHなどに付けてみると・・・・ Wow〜〜〜♪♪♪ リードの持つパワフルさと木製ボディーのナチュラルな振動特性で、実にグレイト!なハープの出来上がりです!これもそーとー良いです♪♪おすすめ!

松田幸一さんも最近F-20をすっかりお気に入りの模様♪まぁ当然でしょう!
前から思っていますが、これって海外でかなりヒットしそうな予感がしてます。現在の10ホールズの世界はかなり多彩になっています。ブルースはいわずものがな、ジャズや様々な音楽をやる人が増えていますよね(特に海外では)。F-20はどんなジャンルの人も納得させちゃうポテンシャルを持っていると断言します。「やっぱ木製だろう」とか「軽いのがいい」とか「高いハープなんて」とか食わず嫌いをおこさず、一度試してみることをオススメします。きっと新しいインスピレーションが湧くことでしょう。ファビちゃんは感性に訴えかけてくるハーモニカですよ〜〜♪♪

次ページへ »

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.