2008/2/29 金曜日

ハモニカと涙の蜜月…

Filed under: Daily — koei @ 3:22:42

いや、別に泣くことが好きなわけではない。悲しいことなんて大嫌いだ。「音楽」は人に与えられた最大級の「喜び」の表現方法だと思ってる。切ないけど、そこに色んなドラマを感じて、気持ちがホワッと羽を広げて飛び立っていくような、想像力が広がっていく感覚の音楽は大好きだ。でもただ悲しいだけの音楽は大嫌いだ。。。

「a-light-of-life」の動画がYou Tubeにアップされてた。

http://jp.youtube.com/watch?v=pu9jep7C2BA

あの野郎!(ビデオを撮影した友達ね)、完全に自分の趣味でアップしてるぞ!(笑)「Sepia」といい、この曲といい、泣ける曲ばかりだ(笑)これを見た方々!!別にこんなしんみりした音楽ばかりやってるわけじゃないですからねーーー!!(笑、いやいやQ(友達)感謝してるよ) 。これからも当日撮影したものをアップされてしまうと思うけど、「ちょっとそれは待ったー」って感じで即中止にするものもあるかもだらかよろしく(笑)、ノリノリ系はホント、演奏なんてメッチャクチャで恥ずかしいからな〜(笑)

「a-light-of-life」はね、思い入れのある曲なんだ。自分の中でとても大事にしている曲。自分以外の人を表現した曲。僕の大切な、仲良しな友達(まだ子供と言える年齢かな)の心の中にある風景を強烈に感じてしまってとめどなく溢れ出てきた曲。子供なのに、何でそんな自由を奪われるようなシンドイ日々を過ごしてきたの?なんでそんな感受性が鋭いの?なんでそんな闇の中にいるの?それなのになんでそんな素敵な笑顔するの?でもそんな気持ちがおいらにはすごくわかる気がする。こっちへおいで!!

音楽には、人を照らす力があると思ってる。曲名は、その子が誰にも見せることもなく書いた詩からもらいました。極めて個人的な話で申し訳ない。でもこんな「こっぱずかしい」ことを人前で表現することが出来るのは音楽家、芸術家に与えられた特権だとも思ってる。俺はその特権を活かす。この曲の譜面には僕のサインの横に、その子の名前を入れている。僕は天才では無いから自分の中にある風景だけで良い曲を作ることが出来ない。あまりに個人的な曲なので、今後アルバムを作る時とかにも入れることも出来ないかもしれない。でも僕はこの曲が大好きなのだ♪僕にとってのソウルであり、ゴスペルだ。

レッスンに来ている人の中にお医者さんとか、医療関係の方が何人かいるのですが、腹式呼吸ってすごいね、という話をよくします。深い呼吸は神経をまっすぐにするよう。現代人はとかく最低限の呼吸しかしてない場合が多いらしい。肺の末端が機能してない人もいるらしいよ。最近、ハーモニカを吹くと、ミョーに涙腺と直結してしまうのだが、これは腹式呼吸がすごく良い状態になっていることなのでは、と思ったぞ(笑)呼吸が深くなることで、末端の神経まで刺激されるのだ。やっと腹式が出来てきたんだな〜

2008/2/27 水曜日

「Sepia」がYou Tubeで聴けます♪

Filed under: Harmonica — koei @ 23:02:30

今回も超合金スズキ君(12穴)をメインに使いました。もっと低い音が必要な曲では4オクターブのSC64を使用。でもまだ慣れていないので、途中から超合金に持ち替えたりしました。SC64は明るくシャープでデカイ音がしますね。SCX48も途中で持ち替えて使用しました。光栄バンドで演奏する時には、ものすご〜く小さい音から、シャウトするような音まで出すんですね。それでシャウトするような演奏にはSCX君がやはりよくハマるようでしたね。小さな音から普通のボリュームあたりでの演奏は超合金君が安定感があります。

少しハードめに吹くような曲でも超合金を使って吹きまくってみたんですが、ヘビーでした(笑)この楽器はリードとリードプレート取付け部分の精度がメチャクチャ高いんですね。だから少ない息でもしっかりリードが反応する。この精度はベンドに多大な影響を与えるので、全音域でベンドもかかりやすい。でも、多めの息で吹きたい時には、息が通りにくい分、逆に苦しくなってしまうようですね〜(16穴になればまた印象変わるかもしれませんが)。今後は多めの息で演奏したい曲の場合はSCX君の登場という感じが良いのかなぁと思ってます。でも先日、スズキの方が現段階の新設計リードを持って来宅してくれたんですが、さらに良くなってました☆リードの長さを変えたことで粘りと余裕が出ていたので、それだともっと楽になるかもだなぁ。早く完成させて〜〜!!スズキく〜〜ん!!(笑)

ブルースハープは「PURE HARP」を使いました。キー「A」使用の曲では、アンプから歪んだ音を出したのですが、すごく太い音しましたね〜。ただ、吹き方でコロコロと音が変わるようで、ちょっと油断をしてよくない吹き方になると、太さも半減してしまう。この木製カバーってのが影響しているのか?ボワっと膨らむような太さが出てました。これは、普段部屋でそのまま吹いてる時には全く気付かない部分ですね。実際にマイク持って、アンプから音を出さないとわからない。そして「D」のハープで「Sepia」を演奏。こういう繊細な曲を新しいハーモニカで演奏するのは非常に勇気がいりますが挑戦してみました。もちろん納得のいく演奏にはなりましたが、まだまだ本当のこの楽器の良い「声」を引き出せていないかなとも思います。もっと吹き込んで慣れる必要ありですね。もっと良い音が出てくる可能性を感じる。

友人のフォトグラファー(高校のクラスメイト!イェイ!)がビデオ撮影してくれて、You Tubeに「Sepia」の動画をアップしてくれました〜! どんな音かチェックしてみて下さい♪

http://jp.youtube.com/watch?v=PwlevDdo_rg

ちなみにその友人とは10数年ぶりの再会!(このブログがキッカケ♪)。そしてその友達が誘ってきてくれた人が、なんとピアニストの「深町純」さんの奥様!(深町さんは仕事のため来れず)。現在深町さんは中目黒に「FJ’s」というライブも出来るカフェもオーナー経営してるようです。この日はそれだけでなく、ピアノの沢村さんの知り合いの方が連れてきてくれた方が、なんとあの「Stuff」のギターリスト「エリックゲイル」さんの奥様!(日本人)。いや〜、びっくりでしたぁ。とても楽しんでいただけたようで、これからも何かと付き合いが続きそうです。ゲイルさんが僕の音楽を聴いて「マービンゲイ」を思い出したと言ってくれました。感激。。実はマービンゲイの歌のようにハーモニカを吹きたいといつも思っているんです。音楽性はだいぶ違うんですけどね(笑)
出会いは楽しいなぁ〜♪

2008/2/26 火曜日

ハーモニカが「歌」を歌った♪

Filed under: Daily — koei @ 1:14:55

先日のライブ終了後に、お客さんとの会話の中で「ハーモニカの音から言葉が聞こえてきた」というのがありました。そして帰ってから、みなさんに書いていただいたアンケートを読みましたが、全く同じことを書いている方が何人もいたのです。その感想は僕にとってものすごく嬉しいこと♪「気持ちを込めて演奏する」ということの一つの具体的な答えがここにあるような気がしました。「メロディー」や「楽器」はいつだって「歌」に恋をしてるのだ♪

僕の演奏に関して言えば「言葉が聞こえた」要因に「オリジナル曲を演奏している」ということにも深く関わっていると思います。僕の音楽は当然「インスト」です。だから曲を作る上では「作曲」が全て。でも「作詞」に近いことも実はしています(実際に詞は書きませんが)。「この部分のメロディーでこういうことを表現したい」とかね。素直な表現もあれば、裏をかいた表現もある。歌でもありますよね、明るく楽しいメロディーなのに、実は切ない詞だったとか(笑)それが逆に説得力出たりね。そういうことも音だけで表現する。だから表情付け、トーンコントロール含め作曲行為として曲を書いてます。オリジナルだからそれがやりやすいというがあるんです。その曲を一番理解しているのは僕ですからね(笑)トゥーツ・シールマンスはそれを誰の書いた、どんな曲でも表現してしまうのですが……

ちなみに「いかに肉声に近づけるか」というのは僕のハーモニカ演奏の大きなテーマの一つです。

ハーモニカから具体的にどんな言葉が聞こえてくるか?それが今後のテーマにもなりそうですね♪インストは最終的にはリスナーの想像力と結びついて作品になるものと思っているので、聞こえた言葉、想像した風景は人それぞれで良いのです。でもせめて気持ちのスタート地点だけでも目の前にいるお客さんと同じところから始めたいなと思い、いつも曲の説明をしてから演奏してます。

もちろん、そんな感情論だけで音が声のようになるほどハーモニカは簡単なものじゃないっすよ!(笑)それこそ重箱の隅を突きまくるような、ある種のテクニカルなコントロールをしてます。でもそれは「上手に演奏するためのテクニック」ではなくて「上手に気持ちを伝えるためのテクニック」。これは別ものであり、たぶん使っている脳も違う。う〜ん、深いな、ハーモニカのくせに(笑)

今回、楽器は全てスズキハーモニカを使ってみました。ブルースハープもクロマチックもね。しかもクロマチックは現行の全ての機種をライブ中にとっかえひっかえ試しました。スズキさん家のハーモニカを使い始めて、初めての光栄バンドでの演奏だったのです。次回はその辺の感想を書きますねー。

2008/2/25 月曜日

「楽屋」ライブ有難うございましたーー!!

Filed under: Daily — koei @ 1:10:53

23日、中目黒「楽屋(らくや)」ライブにご来場いただいた方々どうも有難うございました!!

光栄バンドのライブは 久々でしたが、やっぱり安心して演奏出来ますね。今回すごく不思議な感覚がありました。1部途中で「Sepia」を演奏していたら、ものすごく繊細モードに入ってしまい、本当は次はノリのある曲を予定してたけど、このまま皮膚に感じるまま繊細に吹く曲をやりたくなり、曲順&曲目急遽変更し、前日に作った「I knew that」を演奏したら全くおもいがけず、涙が出てしまった。。もうそれからはハーモニカを吹くことの幸せ感に満ちてしまい、体中が感度100%になってしまったのね(笑)なんかそんな「ゾーン」に入ってしまったようだ。1部終わっての休憩時間に「俺今日a-ligh-of-lifeで泣いてしまうかもしれない」ってメンバーに言ったら「泣いたらいいさ!」と(笑)

2部はいつもハッピーな盛上り系が多いんだけど、今回はこれまでよりも渋めで聴きごたえのあるものにしようと当初考えていたんだけど、もう幸せを感じるままに表現したくなり、結局いままでのようなピースなナンバーを沢山演奏することにしました。今まで気付かなかったけど、この流れって自分の感情の流れに合ってるみたいだ。もう、上手く演奏しようとかそんなの一切おかまい無し(笑)演奏なんかメチャクチャだ(笑)ピョンピョン飛び跳ねながらクロマチック吹くんだもの(笑)でもいいのだ!エナジーが大事なのだ!「a-light-of-life」で涙したのは言うまでもない……

〜1st〜
1.Point Blank Shot
2.Fascinator
3.Sepia
4.I knew that
5.In the spirit

〜2nd〜
1.君はカーニバル
2.Paradise swing
3.月も見ぬふり
4.KOEI 123
5.Tiny Leaves
6.a-light-of-life

~アンコール~
寝れば朝がくる

(以上全てオリジナル曲)

思いましたが、やはり「楽屋(らくや)」って音が良いのね。だからこんだけ演奏に入り込めるんだろうなと。そしてお店のスタッフがまた素敵!長年お世話になったスタッフがこの日を最後に退職しました。光栄バンドが好きらしく、最後に見たいってことで、この日を勤務最終日にしたとのこと。嬉しいな〜(涙)。以前働いていたスタッフも遊びに来て朝まで飲んださ(笑)朝4時くらいにスタッフみんな楽器を取り出しセッション!(笑)おもいがけず、記憶に残る大事な日になりました。

次回、光栄バンドin楽屋は6月27日(金)です。

今回のライブで感じたことがいろいろあったので、数日にかけてアップしてゆこうと思います。

2008/2/18 月曜日

23日(土)中目黒「楽屋(らくや)」ライブ全員集合!!!!

Filed under: ライブ情報 — koei @ 3:05:07

さて、今度の23日(土)中目黒「楽屋(らくや)」にて久々に田中光栄バンドでのライブやりまーす!!このブログを見た人は全員集合(笑)

★2月23日(土)中目黒「楽屋(らくや)」チャージ¥2500
6時30分OPEN 7時30分START
http://www.rakuya.net/

最近はものすごく素晴らしいミュージシャン達とセッション的なライブもちょこちょことやっています。それは感性を刺激されまくって、ミュージシャンシップ全開で「たった今」にしか出来ない音楽を大いに楽しみながら、来てくれたみなさんと共有する素敵な時間です。でも、それをやるほどに「あ〜バンドって別ものだなぁ」ともすごく感じます。もちろんどちらが良いという次元ではないです。どちらも最高(笑)

光栄バンドは現在はオリジナル曲ばかりです。僕は曲を作る時、自分に感じたことを出来るだけ忠実に再現しようという想いで曲を作ります。だから泣けてしまうような曲を作る時、本当に泣きながら作ってます。光栄バンドの連中はそれをわかって、こんなおいらをしっかり受け止めてくれてます。実際メンバーの前でも何度か大泣きしてるもの(笑)みんなプロだし、いい歳したメンバーだけど、限りなく「高校生バンド」みたいなノリなの(笑)昔、大阪に住んでいた時にやっていたのがそんなバンドだった。だから僕の中で「バンド」というものはそういう「集団」であり、そういう「価値観」があった。でも、なかなか「東京」で実際そういうのって難しいのね。長い年月をかけて、光栄バンドは「バンド」になってきた気がします。自分の気持ちに忠実に向かい合って綴るように生まれ落ちた愛おしい曲達を少しでも多くの人に聴いてほしい。その中心にあるのは、世の中でもっともちっぽけで非力で可愛い楽器「ハーモニカ」です。

是非みなさん遊びに来て下さいね♪損はさせません!

次ページへ »

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.