2007/11/30 金曜日

鈴木君と田中君

Filed under: Harmonica — koei @ 1:47:27

先日、スズキ楽器に訪問したことを書きましたが、このメーカーの楽器のこれからの発展を期待して色々紹介してゆきたいと思います。まず、「スズキは熱いぞ!」とお伝えしたい!今これほどの情熱を持ってハーモニカ作りをしているところがあるのだろうか?という程。
 
 楽器フェアに行かれてスズキのブースを見た方は知っているかもしれませんが、現在制作中の製品として金属(真鍮)ボディーのクロマチックがあります。まだまだ試作段階で、製品化されるまでに今しばらく時間がかかると思われますが、ハッキリ言ってかなり良いです!!僕のサウンドコントロールの特徴として、耳元で吹いて心地良く聴こえるくらいの、小さくて息の音が混じる甘くメローな音から、耳元で吹いたら確実に「ひっぱたかれる」くらいの(笑)、それこそハーモニカがブチ壊れそうなくらいにシャウトしてるようなソウルフルな音までをコントロールして演奏するのですが、そのどちらもしっかり受け止めてくれる楽器でした!どうしてもこの辺が1本では表現しきれずに、現在は2種類のクロマチックを使い分けています。しかもそこからプラスαがありそうなポテンシャルを持っているのが一番の魅力。空気(息)に対してリードの振動効率が非常に良いのでバップ的な早いフレーズ楽勝♪通常そのようなリードのセッティングにしていると、大きな音を出してゆくと、詰まった感じになってある程度以上大きな音になってくれないことが多いのですが、コイツはどんどん大きな音にもなってくる♪

 これらは単にボディーを真鍮にしたから、という簡単なものではない。リード設計、リードプレート設計が非常に大きな要因になってますね。リードとリードプレートのくり抜き部分の微妙な関係でその楽器の基本的な完成度が決まります。スズキ社はこのくり抜きにもかなりのこだわりを持っている。特にベンドに対しては多大なる影響があるのです。スティービーワンダーのベンドってすごくかかりが良いと思いません?あれってよほど当たりのハーモニカじゃないと出ません!(もちろん吹き方が一番影響あるのですが)。通常この部分にすごくバラツキが出てしまうんです(あとマウスピースのバラツキもね)。だからこの精度が高いということはバラツキが少ないと言えるでしょう。ベンドのかかり良いですよ〜。さすがMADE IN JAPAN !! さらに小さな音から大きな音まで幅が広いのは絶妙なリードの設計(長さや重さ)からくるものでしょう。

 来週に現段階の物を送ってくれるそうです!さらに試奏を重ねて、よりよい楽器にするために気付いたことあればどんどんアドバイスしてゆくつもりです。書きたいことは山ほどありますが、今回はこの辺で。今後も色々書いてゆきますね。

 もし間に合えば、来週12/6の小畑和彦さんとのライブ(日暮里「Bar PORTO」)にはその楽器を使いたいと思ってます!興味のある方は是非!

2007/11/28 水曜日

光栄バンドwith原田芳宏

Filed under: Daily — koei @ 23:12:19

光栄バンドwith原田芳宏ジロキチライブ、平日の忙しい最中来ていただいた方々どうも有難うございました!!
いや〜、原田さんのスティールパン、ヤバイね(笑)
僕は常々「Sweet & Soulful」を心がけてプレイも作曲もしたいと考えています。
そんで原田さん。そのどちらもメーター振り切ってた(笑)しかも涼しい顔して(笑)

「Sepia」
この曲を好きを言ってくれるお客さんが沢山います。嬉しいことです。
今回のSepiaは今までと完全に違う次元にイッテしまいました。
間奏をかなり長くして、スティールパンとピアノの会話的な要素を入れてみたのですが、もうこれが天にも昇るくらいの美しさ!!おいら感動してちょっとウルっときた(笑)
切ない系の曲ですが、切なさも通り越すと幸せが訪れるんですね〜〜

「君はカーニバル」
作曲した時にスティールパンをイメージしていたんです。初めてライブでこの曲の完全版を披露出来ました!
そして「Paradise Swing」 もうこの辺の曲ではそれこそパラダイス度数レッドゾーンでおいらもう感無量。。。

ピアノの沢村繁、ベースの西村雄介、ドラムの須田義和。
もう長いことやってきてるので、息の合った光栄バンドのメンツも原田さんのプレイに刺激を受けて、いつもより広がりのあるプレイになっていましたね。
光栄バンドでゲストを迎えたのは初めてでしたが、素晴らしいプレイヤーが一人加わるとこれだけみんなのプレイが変化するんだなと確認。これからはたまにゲストを入れてやっていきたいと思いました。

光栄バンドの次のライブはちょっと先になってしまいますが、来年2月23日(土)に中目黒「楽屋(らくや)」にて!
スケジュール帳にチェックしておいて下さいね!「Sweet & Soulful」な新曲も飛び出すと思います!

2007/11/20 火曜日

浜松ハモニカ行脚

Filed under: Daily — koei @ 1:05:25

18、19日と浜松に行ってきました!
18日は浜松ヤマハにて、クロマチックハーモニカミニライブ&セミナー。
まずは店内の一角をステージにして30分ほどのミニライブ。カラオケを使っての超スタンダードな演奏を中心に、途中モリダイラ楽器のTさんにギターを弾いていただき、ブルースハープに最近夢中という店員Nさんをステージに引きずり上げ(笑)ブルースセッション!!こういうの大好きー!!
最後にオリジナル曲「a-light-of-life」で締めました。最近数曲デモ音源を作ったので、それのハーモニカパートを消してカラオケとして使用。
こういう機会の時にオリジナルをやれるのはいいですねー。ちなみにこの曲は非常に思い入れの強い曲で、ライブではいつも堪えきれずに涙が溢れてしまう。。。さすがに、どこの誰だかわからないような人が目の前で急に泣きながらハーモニカ吹いたらさすがにヤバイだろうと、しっかり堪えたさ(笑)

そして続いて90分のセミナー。スーパービギナーの方がとても多かったですね。
それこそ、「今ハーモニカ買ったんですけど参加していいですか?」って人も!当たり前じゃん!!ウェルカム!!
一緒にハーモニカ吹こうよ!
新しいハーモニカ仲間が増えてゆくのはとても嬉しいことです!
綺麗な音の出し方、今後気をつけて練習してほしいポイントなど基本を重点的にレクチャー。
僕の説明を真剣に聞いてくれて、一生懸命吹いてくれる姿を見ていると、僕も原点に戻れるような感覚になります。
大事やね、それって。
終盤にベンドやビブラートやスライドフェイクなどのテクニックの解説をして、それをどのように曲中に取り入れるかを演奏しながら説明し、最後に1曲デモ演奏して無事終了!
当日沢山クロマチックハーモニカが売れたようで、お店の方達にも喜んでいただきました。うん、美しい流れや(笑)

夜は打上げでかなり飲んでしまいました〜(笑)今回のイベント担当のKさんは学生(音大)時代になんと僕の大好きな高津養護学校に演奏などに行ったことがあることが判明!!嬉しかったので、さらに沢山飲んでしまったのだ(笑)ホテルへの帰り道は記憶があいまいっす。

そして19日、しっかりと二日酔いのまま(笑)スズキ楽器に行きましたーー!!
まずは工場見学。僕は昔、工場でよくバイトしていたんです。もう工場のあの「におい」を嗅いだだけで懐かしさで胸キュン!
しかもその「におい」の中でハーモニカを作っていることにもう胸いっぱい!
みんなで一生懸命ハーモニカ作ってるんです!!(って当たり前か(笑))
僕は普段から分解して調整したりを一人でやっているわけですが、それを沢山の人がやっているのを見たら、なんかもう感動しちゃいました。

そして開発中のハーモニカをとことん試奏。僕もこの開発には全面的に協力します!
今から言っておきますが、ブルースハープ、クロマチック共に、今後スズキからめっちゃ良い楽器が出ますよ!!!
そして僕の演奏もみなさんに聴いていただきました。僕は異常なほどに音色にはこだわっていますが(「楽器本体」の音色ではなく、サウンドコントロールね)、その部分をしっかり見抜いてくれました。世界の一流プレイヤーと交流を持ち、その音を間近で聴いてきている方達からの評価は本当に嬉しいものです。
現段階では多くは語れませんが、将来的に素敵な展開があるかもしれません。ここ最近で急速に仲良くなった会社なのですが、お互いいろんな意味で良いタイミングだったのでしょうね。「心意気」の部分でとても共感し合えました。

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.