2018/2/5 月曜日

2月4日(日)、鈴木楽器でグレゴア・マレのセミナーが開催されました!

Filed under: Harmonica — koei @ 15:39:01

今回のセミナーは非常に貴重な機会だったと思います。いくつかの事情が重なって、たまたま今回セミナーをやることになったようです。

内容は非常に難しいところまでいきましたね。彼は「ハーモニカ奏者」である前に「ジャズミュージシャン」というタイプなので「持ち方はこうで、吹き方はこうで…」などレクチャーする人ではない(笑)しかし最初に話し始めた時にロングトーンの重要性のことから説明したのにはびっくりしました、彼は今回のセミナーは本気だなと確信しましたね(笑)以前、外国でセミナーをした時には全然たいした話もしなくて時間も余ったくらいなので…

コードのアルペジオ練習パターンは非常に興味深く、ためになりそうなので紹介します。
例えばDマイナー7(レ・ファ・ラ・ド)の後に3度と7度を半音上げてDメジャー7(レ・ファ#・ラ・ド#)、次に1度と5度を半音上げてEbマイナー7(ミb・ソb・シb・レb)、そしてまた3度と7度を半音上げてEbメジャー7(ミb・ソ・シb・レ)、これを続けていく、というもの。単にメジャー、マイナーの練習以上の効果が期待できそうなパターンですね。実際これをクロマチックハーモニカで流れをスムーズにやるのはとても難しいことです。

アドリブのアウトするフレーズについての質問があり、それに対する解説も興味深いものでした。ただ、質問者の方の聞きたい情報よりも解説が難解になってしまったのが、グレゴアらしいというか(苦笑)。質問は「II V Iなどのオーソドックスな進行に対して浮遊感のあるアウトフレーズをいくつか紹介してほしい」というものでした。この質問者の聞きたいことはよ〜くわかりますね。おそらくこれが、セミナー慣れしている指導者などであれば、「例えばこんなフレーズなんて面白いんじゃない?」と例を出し、みんなで「へ〜」となって「ねぇ、良い感じでしょ!」という展開が予想出来そうですが(笑)今回のグレゴアは本気だったので「アウトのアプローチはとても沢山のことがあるんだけど…」と苦笑いしつつ、いろいろと解説してくれました。これらを聞いてて思ったのは(英語力がついていけないので、細かい部分まではよくわからなかったですが)、一応セオリーとしてアウトサイドフレーズを組み立てる概念は説明出来るけど、じゃあそれをどう「クールにプレイするのか」は、やはりその人のセンスや歌い方がもっとも大事なのだな、と感じましたね。
だから難しい核心に迫ってしまうと話がややこしくなるから、セミナー慣れした人であれば、例を出してサラリと解説する術を知っているのでしょうけど、グレゴアは真摯に受け止めて解説してくれたことになんだか彼の心意気を見ましたね(笑)とても良い時間でした。

一つ紹介すると、「II V7 I のIIを考えずにV7 Iだけ主に考えてる」と解説してました。これは個人的にとても腑に落ちましたね。彼のプレイからはIImからV7に進行するようなオーソドックスなフレージングがあまり感じれなかったのは、そもそも考えてなかったからなんだ(笑)V7からIのフレーズを常に考えている。特にコンテンポラリーなプレイヤーはそのように考える人が結構いますね。V7-I だけを考えることで、頭の中はよりシンプルになるし、IImフレーズに縛られないのでより自由にフレーズを作れる。彼の浮遊感のある演奏の一つのポイントですね。

今回のセミナーはとても良いものだったと思います。僕は進行のお手伝い役として参加したのですが、当初「グレゴアはあまりしゃべらないのでは…」と思っていたので、こちらで質問をいくつか用意し、それに答えてもらうような形で進行させていこうと考えていました。しかしいきなり自らしゃべり始めて進行していきましたので、それだったら話の腰を折るようなことはせずに彼の流れに任せようと思いました。思わぬ誤算でしたね。その分、英語のままガンガン話が進んでいき、僕もなんだからさっぱりな時間も相当ありましたが(笑)会場には英語が堪能な方が何人かいて、皆で協力しながら進んでいき、アットホームな雰囲気になったのは良かったかと思います。皆様ご協力ありがとうございました。

これまで海外のハーモニカプレイヤーが日本に個人的に遊びに来た時は、僕がセミナーを企画・開催を何度かしたことがありますが、グレゴアの場合はコンサートのプロモーターが彼らを日本に呼んで興行をしているわけだから、プロモーター以外の人間がこのような企画を作ることは普段は出来ません。
最初にも書いたように、しかし今回は事情があり、鈴木楽器の協力でこのような機会となったようです。またグレゴアにセミナーしてほしいですが、今後は実際難しいかもしれませんね。今回は本当に貴重でした!

2017/11/23 木曜日

広州(中国)より無事に帰国しました!

Filed under: Daily,Harmonica — koei @ 3:06:13

無事に広州から帰国しました!
当初、さていったいどうなるのか… 初めての中国だし、しかも全くの一人なので勝手も何もわからないし…と不安も正直ありました。しかし結果的には大変素晴らしい旅となりました。というか広州、最高です!!!

僕のライブには約100人ものお客さんが来ました!それだけでもビックリなのですが、さらに驚いたのが、僕のオリジナル曲を知ってる人が沢山いて、オリジナル曲の時にみんな大喜びしてくれたのです。「次の曲はSepiaです」と言ったら凄い大拍手が来ました。もう感激ですね。。。

23795401_374026063044817_5349559168439759608_n

広東ハーモニカフェスティバルは今回が第4回で僕が最初のゲストだったようで、日本ではまず味わうことの出来ない、ありえないような大人気っぷりでした笑 フェスティバルには約400人の来場だったようです。若い人が中心となって運営しているフェスティバルで、いろいろ考えさせられましたね。

IMG_052423755235_374028689711221_6992372604315942772_n

今回、Long Deng Jieという広東では確実にNo.1(中国全体でもジャズ系ではトップでしょう)のプレイヤーがライブのゲスト出演してくれたり、期間中いつも一緒にいました。彼はつい先日ドイツで行われた世界大会(World Harmonica Festival)のクロマチック・ジャズ部門で2位を取ったようで、大変実力と将来性のある奏者です。僕からもかなり影響を受けているようで、僕の演奏もかなり研究しているようですが、今回いろいろ教えましたので、今後もっと似てくるかもしれませんね笑 弟が出来た感じで、非常に嬉しいです♫

23722645_372171583230265_1561297018578187225_n23795715_374026626378094_4243348266433521979_n

 

今回、久々に思わずウルっとくる瞬間が何度かある旅になりました。とかく日本と中国はごちゃごちゃしてて、お互いの印象も微妙だったりするものですが、今回そんな雰囲気は一切なく、会った人たちは本当に素晴らしい人たちばかりで、かつてないほどのおもてなしを毎日してくれました。
「音楽に国境は無いよね、我々は仲間、家族だよね」そんな会話を何度もしました。そしていつも乾杯の時には「友情!友情!」と(これは中国語ではなく日本語としてです)。乾杯の時だけでなく、ライブの際、フェスティバルでの閉会式でもLongがそのようにみんなにしゃべってくれました。音楽だから出来る国際交流、そして日中友好ですよね。友情!と何百人もの人たちが大拍手してくれてなんとも熱いものが込み上げました…

また、僕のことを10年前に知って、僕に会えることをずっと夢見ていたという人もいました。フェスティバルの運営者の一人でもあるので、フェスティバルの打ち上げの際にベロンベロンに酔っ払って、無事に終わった安堵感と、僕にやっと会えた嬉しさで、トイレで一人で号泣していたらしいです。そんなことを聞くと心が動きますよね…
帰りの空港にも何人か見送りに来てくれて、何度もハグをして別れました。国籍なんか軽く超えて、心と心が一つになる瞬間。僕はこの感覚が大好きですし、何よりも大事にしたい部分。音楽を、ハーモニカをやってきて本当に良かったと思える時です。

IMG_067623794788_374026636378093_549621738121754623_n23755293_374060963041327_1389413993647090457_n

 

今後、広州には毎年のように行くかもしれないし、広州を中心に中国はいろいろ進出していくことになりそうです!大きな国だから、場所が変わればまた雰囲気も全然違うものになるのでしょうが、想像していた以上にここは面白く、興味深く、将来性を感じます。

今年ももうすぐ終わりそうな時に、デカイ一発を味わえました!

2017/11/15 水曜日

11月15日〜21日まで中国・広州に行ってきます

Filed under: Harmonica — koei @ 8:05:59

11月15日〜21日まで中国の広州へ、ライブやセミナーなどをしに行ってきます!

中国のハーモニカメーカーから依頼があり、17日にジャズクラブでのライブ、18日 19日は広東ハーモニカフェスティバルというのがあるらしく、その開会式と閉会式での演奏とワークショップをするという内容。メインはジャズクラブでの演奏とのこと!ミュージシャンは現地の人と。考えてみれば、海外で自分のワンマンライブというのは初めてですね。2時間ほどのライブ、さぁどう乗り切れるのか笑 また新たな挑戦です!

そのライブには、先日行われたドイツのワールドハーモニカフェスティバル(世界大会)で、クロマチックソロ ジャズ部門で見事2位を取ったDeng君にゲストとして出てもらいます!彼とは去年、台湾で会ってます。素晴らしいジャズプレイヤーです。

今回、全くの1人で呼ばれていますし、今ひとつ詳細もよくわからないし、もうハプニングだらけになりそうで笑 それ含めて楽しんで乗り切ってこようと思います!

2017/8/13 日曜日

8月3日〜6日は韓国ソウル国際ハーモニカフェスティバルに行ってきました!

Filed under: Harmonica — koei @ 21:36:37

8月3日〜6日は韓国ソウル国際ハーモニカフェスティバルに行ってきました!

このフェスティバルは今年で5回目で、僕は第1回から呼ばれているので、もう5回目の参加です。コンテストの審査員とコンサートでの演奏をしてきました(今回はセミナーは無かった)。正直新鮮さは無いのですが(笑)今回はゲストがこれ以上無いほどに豪華でした!なんせアントニオセラーノ(Antonio Serrano)とグレゴアマレ(Gregoire Maret)、そしてリーオスカー(Lee Oskar)まで来たのです!このようなメンツに混じって招待していただけるのは非常に嬉しいことです。

アントニオやグレゴアのプレイに刺激されまくりました!アントニオとは会うのは2回目、グレゴアとは今までに何度も会っていて、一緒に演奏などもしていますが、この2人とは年齢も近いこともあるし、現在の世界で最も刺激を受けるプレイヤー達です。そんな彼らと一緒にコンテストの審査員をやる日が来るとは思いませんでしたね(笑)

また今回は僕の教室の生徒さんが数名、日本から参加してくれたのが非常に嬉しかったです!夜はゲスト陣も生徒さんも一緒に打ち上げに参加してました。世界の超一流ハーモニカプレイヤー達と生徒さんが一緒に飲んでるなんて、何て素敵なことでしょう!!!! 僕は海外で活動することが多くなってますが、このようなことになることを夢見ていました!

そして今回はコンサートで初めての試みをしました。それはギターを自分で弾きながらハーモニカを演奏すること。ホルダーを使って10ホールを吹く場面もあれば、ギターをループマシンでループさせて(その場で録音をして、録音したものを延々と繰り返すこと)、その上でクロマチックを吹いたりもしました。思った以上に評判も良かったです!このスタイルは今後、自分としては突き詰めて極めていきたいと思いましたね。このあたりは機会があれば今後書いていきたいですね。

来年はアジアハーモニカフェスティバルとソウルフェスティバルの日程が被ってしまうとか…どっちに行ったらいいのやら…

アントニオセラーノとグレゴアマレと。
20621167_1119473521529989_9024303974405555256_n

打ち上げにてグレゴアや香港のCy Leoと。
20638276_1119473648196643_3325983514193908642_n

打ち上げが終わって外でパチリ。世界の超一流ハーモニカプレイヤーに混じって生徒さんもいます!
20663684_1119476938196314_4335523342805988284_n

リーオスカーバンドのみんなと打ち上げ。
20664133_1119473981529943_1372626524219497952_n

今回、このようなスタイルでライブをしました!
20637932_1649463185098754_8894244234342773496_n

2017/7/7 金曜日

氷結CMの高橋一生さんのハーモニカ指導しました。

Filed under: Harmonica — koei @ 22:50:00

「氷結」のCMで俳優の高橋一生さんがカッコよく10ホール(ブルースハープ)を吹いてますので、是非テレビで見かけたらじっくり見てみてください!本人がちゃんと演奏してますよ!

今回、このCMが作られるにあたり、かなり深く関わらせていただき、印象に残る仕事となりました。高橋さんへのハーモニカ指導はもちろん、いろいろな案を出したり、最終的には撮影現場でのクライアントからの要望(画面にハーモニカが見えないからもっと見えるようにして欲しいなど)をその場でアドバイスしたり、スタジオ内に常にスタンパイしておいて、何か困ったことが起きたらすぐに対応するなど、最後の最後まで気の抜けない仕事でした。
CMにハーモニカの音が流れることはよくあっても、吹いてる姿が映るようなことはこれまで無いことですからね。ハーモニカ吹きとして非常に嬉しいことですし、関わることが出来て良かったです。そして何よりも高橋さん、たいしたものですね。こういうのって実は本人が演奏してないことが結構あったりしますが、今回は高橋さん本人がちゃんと演奏してます!ちなみにスズキのManjiを吹いてます!
メイキング映像には僕もちょっと写ってました(^^;; 見てみてください。

CMバージョン

WEB用PV

メイキング映像

次ページへ »

(c) Koei Tanaka. All Rights Reserved.